辞令とは?会社からの命令について

辞令

辞令とは会社から出される命令

Once upon a time 719174 1280

一般的に、辞令とは、企業が従業員に対して、人事異動や転勤、昇進などの命令を出す事を言います。日常業務上の命令と異なり、会社側からの重要な命令であり、基本的には断る事はできないとされています。辞令とは、会社の方針に従い、従業員を配置転換したりする際に出される命令なので、会社の方向性に沿った辞令が下されることになります。これが、勤めている本人の希望に合っているかどうかはほとんど考慮されません。現実には、転勤先の希望地域などを事前に調査してくれる企業もあります。これらも、必ず希望通りに行くわけではなく、辞令に従って会社員は異動や転勤、配置換えがされると考えて良いでしょう。

辞令に法律上の義務はない

「辞令交付」という事が法律上義務付けられているわけではありませんが、一般的な辞令は、書面での交付になります。辞令の文面は多くの企業でほぼ同じです。「(辞令を受ける)社員名、辞令の内容(○○への転勤を命ずる、等)、辞令交付者(社長名)」という構成になります。辞令とは、あくまでもその命令内容のみを記述しているだけですので、簡潔な文面である事が特徴です。

辞令には心の準備が必要

普通に会社員として勤めていた場合、辞令を受けた瞬間に驚きが生じると思います。それが昇進の辞令であっても、現在と異なる就業環境になる訳ですから、心の準備が必要になります。辞令とは、このように、会社員人生のターニングポイントとも呼べる重大なものです。転勤の辞令を受けた場合について例を挙げます。転勤の場合は、事前に本人に対してのみ、内示という形で「転勤の辞令を出すよ」という示唆を会社側から受け取る事がほとんどです。転勤に引っ越しが伴う場合は特に、社員にとっては一大事なので、事前に知らせてくれる会社が多いようです。

辞令の命令前に内示を出される

辞令とは、内示を先に出されます。その内示では、拒否も可能ですが、どのような辞令なのか確認するのが必要です。また、「上司に逆らって左遷された」、「パワハラやセクハラで異動になった」等の噂も良く聞かれます。しかし、企業側の人事担当者は、極めて冷静に人事の配置を決めています。裏での評価はある程度考慮しますが、会社内での活動業績により、人事の配置を決めます。辞令とは、会社側が、自社の方針に従い、今後の企業成長の為に、従業員に最も適切な異動を命令するものと考えて良いでしょう。

会社からの辞令とは断れないもの

現在の会社は、日本国内のみならず、海外への転勤もありますので、入社時にその意思確認をされていると思います。どちらへの転勤も承諾しますと言う旨を一筆書いている場合、基本的に転勤の辞令は拒否できません。ただし、余りにも理不尽な辞令に関しては、断る事が可能な場合もあります。理不尽な辞令とは、会社と入社時に交わした契約書の内容から逸脱した辞令などです。人事権の範疇を超えた辞令に関しては、労働者側に断る権利もあると考えて良いでしょう。

拒否すると会社での立場が不利になる

ただし、辞令とは、拒否すると会社内での立場が不利になり、結果的に退職に追い込まれるものだと考えておく方が賢明です。それ以外の理由、例えば「今の職場から離れたくない」、「昇進は責任がのしかかるので断りたい」、「転勤して、住み慣れた土地を離れるのが嫌だ」等は、辞令を拒否する理由にはなりえません。昇進や転勤の命令は、会社の人事権の範囲として法律でも認められています。拒否を申し出る際には、退職を覚悟して申し出なければならないでしょう。

辞令は拒否できない…..どうすればいい?

辞令は基本的に断れず、拒否できたとしても会社での立場が不利になることが分かりました。しかし、自分としてはどうしても辞令を受け入れられない場合もあると思います。そう感じたら、思いきって転職を考えてみてはいかがでしょうか?転職することで待遇や環境が大きく変わり、あなたのキャリアアップに大きく貢献するかもしれません

しかし、いきなり転職なんてリスクが高いですよね。そこでオススメなのが、「doda合格診断」です。あなたの経歴やキャリアを入力するだけで、合格可能性のある企業を診断してくれます。転職を完全に決意していなくても問題ありませんので、腕試しがてら気軽に診断してみてください!

会社から命令される辞令とは基本拒否できず内示を出された際に意思表示を行う必要がある

会社員でいる以上、いつ、自分に辞令が下りるか分かりません。辞令とは、会社員にとって運命を決めるくじのようなものです。良いくじ、悪いくじを引いたと嘆く社員もいると思います。しかし、会社の命令に従い、動かなければならないのが会社員の定めです。辞令とは、自分を困窮させる物ではなく、一歩先へ進めるチャンスと考えた方が良いかもしれません。異動や転勤、昇進は、どれもストレスやプレッシャーとなる物ですが、あえてこれらに立ち向かう姿勢が、その後の会社員生活にプラスに働くと思います。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2018年10月19日転職