マスクで息苦しい場合に効果的な3つの対策

2017年1月16日マスク

マスクでの息苦しさは対策しよう

Huge

ビジネスシーンなどでもマスクをしないといけないのに、マスクをしていると、息が苦しいときがありますよね。たとえば風邪をまわりにうつさないためにマスクをしているのに、自分が苦しいと仕事もはかどりませんね。マスクで息が苦しいときの対策をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

マスクで息が苦しいときの対策①:立体的なマスクを選ぶ

マスクで息が苦しいときの対策としてまずおススメしたいのが、立体的なマスクを選ぶことです。立体的なマスクがない場合には、できるだけ鼻の部分に針金などが入ったタイプのものを選ぶようにしたいものです。自分の顔にあわせて立体的にできますので、息苦しさが少しましになることがあります。様々なタイプのものが市販されていますので、数多くのなかから自分の顔にぴったり合うようなものを探してみるとよいでしょう。

マスクで息が苦しいときの対策②:ガーゼタイプのマスクを使う

マスクをしていて息が苦しいときの対策として、マスクの素材をチェックする方法があります。一般的にガーゼタイプのものはマスクをしていてもあまり苦しい感じがしないといわれています。不織布は使い捨てもできて便利な反面、肌に合わずかぶれてしまったり、空気の通りが悪く、息が苦しいと感じがちなようです。

マスクの匂いにも注意して選ぼう

ただ、ガーゼのタイプにも化学物質による仕上げ剤などが使われていることもあります。その場合は匂いなどがする場合もありますので、注意する必要があります。また、ガーゼだけではなくシルクなどのものもありますので、ご自分にあった苦しくならないものを選ぶと良いですね。

マスクで息が苦しいときの対策③:鼻だけを出せるよう折る

鼻がすこしつまっていて口呼吸を余儀なくされている場合や、もともと口呼吸ぎみな人などはマスクをすることによって息苦しくなることがあります。せっかくマスクをしていても夜に眠っている間に、とってしまうような人はこのタイプかもしれません。このようなタイプのかたは、マスクの上部を折って、鼻だけ出してマスクをするとよいでしょう。口呼吸を改善したい方にもおすすめです。

マスクを適切に使ってのどの乾燥を防ごう

乾燥する季節には、眠っている間にのどが痛くなってしまうこともあります。のどの乾燥をさせないように、口や鼻付近をマスクで覆っておけば、しっとりとした湿度を保つことができます。そして空気があたたかく呼吸が楽になります。しかし、それによって息が苦しいとなってしまっては、快眠の妨げになってしまいます。鼻だけでも呼吸しやすくしておくことで、対策としましょう。

息が苦しいときはマスクの種類や折り目などに工夫して対策をしよう

マスクで息が苦しいときの対策をご紹介しました。マスクは、風邪や乾燥対策など、様々なシーンで必要になるものです。ですから、顔にあった形のマスクを選んだり、マスクの素材に気を遣ったり、マスクに折り目をつけるなどして、息が苦しい状態を対策しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK