怒鳴る上司の特徴と上手く付き合うための対処法

上司, 短気

怒鳴る上司の特徴とは

Gf01a201502061300

ではまず、会社で怒鳴る上司の特徴から見ていきましょう。怒鳴る上司は、仕事に対してまっすぐで部下のミスを叱責する人がいれば、自分の気分で部下に当たるように怒鳴る人もいるでしょう。

仕事のミスを叱責する上司に関しては、対処法にそれほど苦労しないようにも感じますが、大変なのは意味もなく怒鳴る上司の対処法です。効果的な対処法を立てるためにも、意味もなく怒鳴る上司の特徴を掴んでおくのは大事です。

特徴は「プライドが高く評価ばかり気にする臆病な人」

先ほども述べたように、仕事のミスを叱責する上司はほとんど、職人気質で真面目なタイプといえます。結果を何より大事にしていて、会社に対する忠誠心が強いですが面倒見も良いのが特徴です。

対して、ただ怒鳴るだけの上司は自己愛とプライドが高く、会社からの評価ばかり気にする臆病で心配性という特徴があります。また、部下の成長を見守る力に欠け、包括的に物事が捉えられないタイプともいえます。

怒鳴る上司への正しい対処法とは

それでは、怒鳴る上司の特徴が分かったところで、次は正しい対処法を見ていきましょう。自己愛と高いプライドを持っている上司は、おそらくほとんどの場合で他人の意見を聞き入れる余裕はないはずです。

そうなると、対処法としては「どう相手に分からせるか」ではなく「どうやって自分の中で消化するか」という方向に目を向けるのが正しいといえます。

怒鳴る上司への正しい対処法①ひたすら謝る

Dutch 615628 640

まず怒鳴る上司に対する効果的な対処法は、ひたすら謝るという方法です。最初のうちは、恐らく「謝れば済むと思っているのか!」などと怒りが増幅するはずですが、それでもひたすら謝っていると不思議と怒るのを止めるのです。

あまり怒鳴っていると本人もかなり疲れてきます。それに、自分が頭がよいと思っている固定観念も少なからず存在するので、何を言ってもひたすら謝ってばかりの相手には「何を言ってもはじまらない」と考えるようになってくるという訳です。

怒鳴る上司への正しい対処法②「自分のためだ」と思い込む

怒鳴る上司への効果的な対処法としては、「自分のために怒ってくれているんだ」と思い込む方法もあります。あくまでもプラスになるように捉えて、自分の糧にするのです。

理不尽な中にも、目上の人ならではの役立つ見解が時には混ざっている場合もあります。そう考えると、多少なりともポジティブに耳を傾けるようになるはずですし、前向きに捉えられれば物事も違った見方ができるようになるものなのです。

怒鳴る上司は前向きな対処法で上手く付き合う

怒鳴る上司の特徴と対処法について見てきましたが、いかがでしたでしょうか? 怒鳴る上司の特徴としては、「プライドが高く評価ばかり気にする臆病な人」で、部下を徹底的に攻めることで、会社での自分の立場を守ろうとしているのです。

そんな上司に対しての対処法は、何よりもまともに取り合わないことです。とにかくひたすら謝ってその場をや利過ごすか、自分のために怒ってくれているんだと前向きな捉え方をして、何か1つでもポジティブな要素を見つける努力で、上手に付き合っていくのが吉です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス