「見ていただく」という言葉から見る敬語を使うポイント

敬語

「見ていただく」という言葉は敬語

Finger 567279 640

「見ていただく」、これは敬語になります。そもそも敬語とはどのような事を意味しているのかと言えば、相手のためを思った言葉です。丁寧なだけではなく、普通の言葉により特別感を添えたものです。そのため、敬語は使い慣れていないとなかなか出てこないものもあれば、言葉がかなり変わるものもあるのでとても難しいものなのです。

敬語は相手の為のもの

相手を尊重した言葉ですから、「見ていただく」は敬語です。これは友人同士であれば「見てもらう」で良いのです。ですが、敬語として考えると「見ていただく」になります。見てもらう事で時間を頂戴する事にもなれば、手間を掛けさせることになるかもしれないので、「見ていただく」を使いましょう。敬語は誰のためのものなのかと言えば相手のためのものです。

敬語の基本は相手を中心に考える

「見ていただく」だけに限った話ではなく、敬語の基本は相手を主役に据えて考える事にあります。自分のためではなく、相手のための言葉ですから、「見ていただく」はもちろんですが、友人同士での会話であれば使う必要がないような言い回しであっても、敬語が求められるシチュエーションでは気を使った言い回しを求められるのです。

ビジネスで敬語は必須

特に敬語を求められるのはビジネスシーンなのではないでしょうか。プライベートであればそこまで敬語を意識するようなものではありません。多少崩れてしまったとしてもコミュニケーションの一環です。ですが仕事となると話は別です。ビジネスシーンにおいて敬語を思うように駆使する事が出来ないと、それだけで社会人として悪い評価になるでしょう。

敬語を話せないと取引先と関係が終了してしまう可能性もある

ビジネスシーンにおいて敬語をまともに話す事が出来ないとなると評価が下がるだけではなく、取引先によっては「もう勘弁」といったように、関係が終了してしまう事にさえなりかねません。それだけ敬語はとても大切なものなのですが、敬語は覚えるだけのものではありません。覚える事も大切なのですが、それ以上に大切な事があります。

敬語の言葉は使って覚えよう

「見ていただく」などの敬語は本を読んで覚えるものではなく、実際に使って覚えていくものです。どれだけ敬語の本を熟読しても、使わなければならないシチュエーションで出てくるのか。書類を見てもらう時に「見てもらいたい」ではなく「見ていただく」と出てくるのか。そのためにはただ覚えるだけではなく、覚えた上でシチュエーションに合わせて使う事が求められます。

「見ていただく」という言葉のように敬語は相手を想って使いながら覚えよう

「見ていただく」という言葉だけではなく、敬語は基本的にとても難しいものです。厄介と言い換えても良いかもしれません。言葉づかいだけで社会人としての評価に繋がるのですから最低限TPOを弁えた敬語を使えるようにしておくべきです。見ていただくという言葉だけではなく、ビジネスでよく出てくる言葉くらいはすぐに出てくるようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス