課題レポートを書く3つの場合とその書き方

2016年12月9日課題レポート

課題レポートを書く場合①:職場環境の改善を考える時

Write 593333 1280

課題レポートを書く場面としては、職場環境の改善を考える場合があります。職場の人たちの声を反映し、全員が読んでわかりやすい書き方でまとめましょう。職場には必ずと言っていいほど、何らかの問題が潜んでいます。例えば、資料が整理されていない、意思の疎通が図られていない、長時間の残業が多すぎるなどです。これらはつい後回しになりがちですが、放置しておくと業務や社員の健康に支障が出かねません。そこで、総務担当者などが「職場環境の改善を図るために」課題レポートを書くことがあります。

課題レポートの書き方:職場の人々にわかりやすくまとめる

課題レポートの書き方について、長時間残業という問題を例に見てみましょう。まず社員の残業状況についての調査結果をまとめます。次に原因として、残業を美徳とする雰囲気、業務の無駄、1人当たりの業務量の多さなどを示します。そこから課題として、職場の雰囲気の改善、業務の進め方と配分の見直しなどを提示します。さらに対策として、各自の意識改革、業務に関する上司との話し合い、毎月末の残業状況報告などを挙げます。このように、「現状の問題、原因と課題、対策をわかりやすくまとめ」職場の人々の参考になるようにしましょう。

課題レポートを書く場合②:仕事上のミスを反省する時

課題レポートを書く場面として、自分が仕事上でミスをした場合もあります。反省した様子と同じ失敗を繰り返さない決意が伝わるような書き方にしましょう。仕事をしていると、どんなに気をつけていてもミスをしてしまう場合があります。例えば、顧客に迷惑をかけてしまった、大事な書類を紛失した、会社の備品を傷つけてしまったなどの場合です。口頭で注意されて済む場合もありますが、賠償問題につながるほど重大なケースもあります。そこで、「反省と今後の予防の意味を込めて」課題レポートを書くことがあります。

課題レポートの書き方:冷静な反省と実行の決意を示す

課題レポートの書き方に関して、顧客に迷惑をかけたという問題を例に見てみましょう。まずどんな迷惑をかけたのか、現状の事実関係をまとめます。次に原因として、顧客とのコミュニケーション不足、フォローの不十分さなどを示します。そのうえで課題として、顧客第一の姿勢を改めて徹底することなどを挙げます。さらに対策として、顧客との連絡体制の見直し、顧客満足度調査の実施などを掲げます。このように、「現状の問題、原因と課題、対策を冷静にまとめ」たうえで、同じ過ちを繰り返さないよう「対策を実行する決意」を示しましょう。

課題レポートを書く場合③:社内研修の結果をまとめる時

課題レポートを書く場面としては、社内研修に参加した場合もあります。そこで浮き彫りになった課題などをまとめて、今後の業務に生かせるような書き方にしましょう。通常の業務に加えて、スキルアップのために社内研修に参加する場合があるでしょう。例えば営業担当者であれば、商品に関する知識や営業スキルの向上を目的とした研修が対象になります。それに参加すると、自分に足りなかったものが浮き彫りになる可能性があります。それを明らかにしたうえで、「今後の業務に生かすために」課題レポートを書くことがあるのです。

課題レポートの書き方:後で見返してわかるまとめ方にする

課題レポートの書き方について、営業スキル向上研修に参加した場合を例に考えてみます。まず研修に参加して、他の出席者よりも営業スキルが劣っているとわかったとします。次に原因として、顧客のニーズの引き出し方が未熟であることなどを示します。それをふまえた課題として、研修でのテキストやグループワークで学んだやり方をマスターすることなどを提示します。さらに対策として、それを日々の営業活動で実践し、上司にもチェックやアドバイスをしてもらうことなどを挙げます。これもやはり、「研修でわかった問題、原因と課題、対策をまとめ」て、後で自分が見返してわかるようにしましょう。

課題レポートの書き方はその場合に合わせてわかりやすくて参考になることが大事

このように、課題レポートを書く場合は、職場環境の改善、仕事のミスの反省、研修結果のまとめなど多々あります。その書き方として概ね共通しているのは、現状の問題を明らかにし、その原因を分析して、課題と対策を示すことです。周囲の人や自分自身が読んでわかりやすく、今後の参考になるまとめ方にすることがポイントです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月9日転職

Posted by BiZPARK