給与の締め日が変更になる場合の対処法

給与締め日

給与の締め日と支払日が近いと給与担当者が苦しむ

Dollar 163473 1280

給与計算をする時に、締め日と、給与に支給日があります。給与を計算して、振込みをする場合、数日間の期間が必要となります。しかし、その給与の締め日から支給日までの期間が短い会社ですと、給与計算が難しく、変更したいという給与担当者が希望する場合も多いのです。

給与の締め日と支払日は15日ほど離れているのが望ましい

給与の締め日から給与支払い日まで何日必要なのでしょうか?給与計算をする時に、小規模な会社なら、締め日の次の日に計算が可能でしょうが、大きい会社になればそれだけ、計算に時間がかかります。ですから、給与の締め日から、給与の支払い日までの期間が15日ほどあった方が安心です。ですから、締め日から支給日まで今は10日間しか期間がない会社が、15日の間に変更をしたい場合も出てくる事は仕方がない事なのです。

支払日を変更してしまうと社員の不満につながる

では、給与担当が、給与の締め日から、支払日までの期間を長くしたいとう要望から起こる、この変更の日は、締め日か支払い日のどちらにしたら従業員にとって良いのでしょうか?締め日の変更をした方がスムーズ給与の支払い日を伸ばしてしまうと、毎月もらっていた日数よりも、遅く給与を支払う事になります。どうしても、毎月決まった日にもらっていたものを後にされると、困ってしまう従業員は必ずいます。

変更する場合は絶対に締め日

ですから、そのような従業員のためにも、給与の締めを変更した方が、全体的にスムーズに変更が出来るはずです。給与の締め日を変更するという事は、きちんと従業員に理由を話し、理解をしてもらい、納得がいくような変更をする事が必要なのです。ですから一人でも反対するような給与の締め日の変更なら、するべきではありません。

締め日を変更する場合は会社側は従業員に対して補填分の給与をだすのが望ましい

どうしても締め日を変更すると、締め日が変更された月の給与計算だけ、日数が減ってしまうことになります。そうなると、必然的に、毎月もらっていた給料が少し減額されることになるのです。その差額分は、従業員にとってとても大変なものです。ですから、その差額分をただ給料から減らして支給することをさけて、会社からマイナス分は補填して給料を出すことが一番望ましい形だと思われます。

締め日を変更する場合きちんと従業員の承諾を取る必要がある

マイナス分を補填して給与の締め日を変更するなら、従業員の環境は普段と全くかわりません。ただ締め日が早くなったというだけで、毎月の給与の支払い日も、給与の金額も一緒だからです。会社の都合で給与の締め日を変更するという場合には、きちんとした納得がいく対処法を考えて、納得してもらえるような変更を行いましょう。

給与の締め日を変更する場合は補填分の賃金と従業員の承諾を忘れない事

給与の締め日変更を会社の都合で行う場合、きちんと従業員に、理由を説明して、全員が納得できるような方法で行うことが求められます。毎月もらっている給与の金額が、締め日変更をした月だけ少ないようなことがあると、どうしても困ってしまう従業員は出てきます。ですから、変更をスムーズに行うためにも、締め日の変更をした月のマイナス分は、会社が補填することが望ましいでしょう。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職