会社で異動させられてしまう人の特徴

異動

ミスが多い上に繰り返す人は異動になりやすい

Gf01a201502200600

会社で異動させられる人の特徴といえば、仕事ができないということです。特に、仕事で何度もミスをする上に、それを何度も繰り返すということであれば、真っ先に異動対象者となってしまいます。やはり、そのように仕事で何度もミスをする人間が同じ部署にいると、同僚たちには迷惑がかかってしまうものです。上司においては、そのミスのせいで評価が下がったり、余計な仕事が増えてしまったりします。そのような人間を邪魔だと思ってしまうのは当然の心理です。

ミスを犯したら責任を取ることが求められる

会社で部署の中から誰か一人を異動させてくれ、という指示が来た時に、真っ先にそのような人が異動させられてしまうことになってしまいます。仕事においてミスをしてしまうのは、ある程度しょうがないことですが、同じミスを繰り返すのはやはり本人に非があります。学校なら許されても、そこは会社です。異動させられるのも仕方がないでしょう。

コミュニケーションを取れない人も異動の対象になる

会社で異動させられる人の中には、コミュニケーションが取れないような人間も含まれます。仕事はできるのですが無愛想で、部署の飲み会などにまったく参加せず、どこか気味が悪いと思われているような人のことです。このような人は、いくら仕事ができるといっても、そこに存在しているだけで他の人を嫌な気持ちにさせてしまうものです。

協力する時にコミュニケーション能力が無いと周りから嫌われてしまう

会社では特に皆で協力して一つのものを作り上げなければならないとき、このような人はかなり邪魔になってしまいます。上司からも嫌われるタイプの人間ですので、当然のように異動させたい、と思われてしまうのです。会社は仕事をする場所ではありますが、やはりそこにいるのは皆人間です。ある程度のコミュニケーションは取らないと、疎外されてしまい、異動させられてしまうこともあるため注意しておきましょう。

重要な戦力になっていないと当然移動の対象に

会社で異動させられる人の中には、重要な戦力になっていないことが原因で異動させられてしまうという人もいます。決して仕事ができない人、というわけではありません。仕事もそこそこできるし、コミュニケーションも普通に取っているのですが、仕事の貢献度というものが絶対的なものではなく、いなくなっても別に問題ないというような場合、異動させられてしまうことがあるのです。

嫌な人間では無くても貢献度が低いと異動になってしまう

異動させる人間というのは、何も嫌な人間だけというわけではありません。会社ということを考えれば、やはり仕事が第一ですので、どれだけ嫌な人間がいたとしても、その人が仕事において必要な人間であれば異動させるようなことはしないでしょう。また、消去法で仕事における貢献度が低い人が異動対象者になってしまうこともあります。つまり、異動になるかならないかというのは、運も関係しているということです。

異動になりやすい人の特徴を把握して自分に当てはまったら直していこう

会社で異動になってしまうような人が上司から受けている評価について紹介してきましたが、会社では誰でも異動させられる可能性があります。どれだけ仕事ができても、どれだけ上司に気に入られていてもです。もちろん、そのことによって可能性は変わるかもしれませんが、会社で働く上で異動というのは避けられないものなのです。そのため、異動になったからといって悪い意味だということではありません。あまり気にしないようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス