上司に昇進を交渉する際の気をつけるべきポイント

2017年7月6日昇進交渉

上司に昇進を交渉する際のポイント

Gahag 0095396761 1

昇進には上司の推薦が非常に重要。でも具体的にどうやって昇進を相談・交渉するかってわからないですよね。もちろん上司との関係性や会社の文化によっても異なりますが、最も大事なのは「なぜ昇進したいのかを明確にすること」です。 給料をあげたいから、昇進をしたい!という人がいます。この理由は言われる側からすると違和感があります。例えば給料を上げるための方法が昇進以外にもあるのに(実績を出して賞与を増やすなど)、なぜ昇進なのか、が伝わりません。むしろ短絡的な理由だとも感じられ、評価が下がるかもしれません。一般的に昇進する、ということは所属する組織の中での責任が増す、ということです。とすれば昇進を交渉する際に最も重要で、貴方が考えるべきことは「昇進することで何をなしたいのか」ということです。役割が増す、使えるリソースが増える、その結果何を実現したいのか?これが明確になると、不足している観点を上司もアドバイスしやすくなり、またこんなことを考えるようになったのか、と評価されるかもしれません。 大事なのは目的をちゃんと整理して伝えること。頑張ってください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年7月6日ビジネス

Posted by BiZPARK