寡婦控除により受けられる住民税減額のメリット

寡婦控除, 税金

寡婦となった場合は控除で税金の納税額が減る

Los angeles 805393 1280

おさえておきたい知識のひとつが「寡婦控除」です。寡婦控除とは税金を納めている方が寡婦にあたる場合に受けられる仕組みのことを指しています。寡婦とはご主人と死別した方、また死別ではなくても離婚などにより独り身でライフスタイルを送っている人のことを指します。一般的なファミリー世帯と異なり、家計が苦しいと嘆く方も多いのが現状です。基本的な税の仕組みなど、しっかりとした知識を得ていることが大切になります。

住民税の金額も変わる

寡婦控除を受けている場合には、住民税の金額も変わってくるため注意が必要です。住民税の占める割合は寡婦の方が納める納税額のなかでも、かなりの割合を占めることが多くなっています。受けられるべき控除を知らずに生活をしているのは、本当に勿体の無い話。しっかりとした知識をもち、適切なサービスを受けられるように環境を整えておきましょう。適切なケアを受けることによって、ライフスタイルのクオリティーがアップ、ココロに余裕のある生活が送れるようになります。

住民税額の寡婦控除は3パターンある

住民税の寡婦控除には、あまり知られていないのですが、大きく分けて2パターンほどあります。1つは寡婦の方の所得が500万円以下の方で夫と別れてから再婚をしていない方。2つ目は他の家族の扶養になっていない子ども(所得金額が38万円以下)がいる方となります。3つめは寡婦であり、扶養親族となるお子さんがいる方、トータルの所得金額が500万円以下の方が対象になります。

寡婦と不要の子どもがいて所得金額が500万円以下の場合は最大の控除額に

住民税の寡婦控除を受ける場合には、どのパターンに該当するのか、しっかり調べておくことが大切になります。3パターンのうち、一番控除の額が多いのが、最後のパターン3のケースになります。控除額は35万円となり、このケースは「特別寡婦」と呼ばれます。1つめ2つめのケースでは控除額は27万円、特別寡婦のケースよりも7万円ほど控除額が増えたことになります。

寡婦控除の仕組みを知っておくことで生活がしやすくなることも

想わぬ事故や病気などにより、若くして夫と別れてしまうケースも少なくありません。また最近では離婚するカップルも増加傾向にあり、他人事とは言えないのが寡婦控除の話です。一人身でライフスタイルを支えていくことが、ときに困難と感じるケースもあります。一人で出来ることには限りがあるもの。「困った」と感じたときには、積極的に自治体の門をノックして、必要なサービスを受けることも大切です。

前向きなライフスタイルの設計を

寡婦控除の住民税の仕組みを知っておくと、通常よりも住民税のプライスを少なく納めることができます。お子さんがいるシングルマザーの方にとって、毎月の家計を回していくことは時にハードに感じることもあります。寡婦になった場合には、自治体のサービスや控除の仕組みをしっかり認識しておき、最適なサービスやケアを受けることも大切です。下ばかり見ず、明るく爽やかな人生プランを設計していきましょう。

離婚や死別など独り身で生活する方のための寡婦控除で住民税が減額する

寡婦控除の住民税は、それぞれの家庭の状況によって受けるべき控除額も変わってきます。特別寡婦と呼ばれるケースでは、寡婦控除の住民税も手厚くなり、納めるべき住民税も少ない負担で済む場合もあります。シングルマザーとして毎月の家計をやり繰りすることは、とても大変なもの。自治体のサービスや支援を理解し、明るい人生プランを設計できるように周囲も協力することが大切です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス