新入社員が実践すべき上司とのコミュニケーションの取り方

コミュニケーション, 新入社員

上司とのコミュニケーションの取り方①:何でも質問

Guy 698784 640

入社したての新入社員は、会社の規則から仕事の運び方まで「右も左もわからない……」というのが当たり前です。初めての世界に踏み込んだわけですから、最初は何もできていなくて当然です。

しかし、会社という組織の一員として、どうにかして業務をこなしていこうとする姿勢は誰しもが持っているはずですが、まず新入社員として大切なのは、上司に何でも質問するというコミュニケーションの取り方です。

デキる新入社員を装わない

新入社員が間違いがちな姿勢として、『デキる新人』として扱ってもらえるよう振る舞う点が挙げられます。つまり、何でもかんでも自分一人でやってのけようという”勢いだけ”の姿勢ですが、上司からすれば出来ない新人の空回りでしかありません。

新入社員は、間違いを無くすために「何でも質問する」というのが基本スタンスであり、上司もそれは理解しています。「こいつ、何も知らないのか」なんて先入観を持たれることはないのに、それを恐れてわからないままにしてしまう、という行為が一番ナンセンスです。

新入社員は「聞く力」を養おう

新入社員に限らず、どんな場面でも”聞く”というアクションは必要となってきます。”話す”側のアクションを挙げてみると、「伝える」「説明する」「指示する」「指導する」など、発信するための行動ばかりですが、新入社員が最初に身に付けるべきコミュニケーションスキルは、それらではありません。

新入社員の円滑な―ションの取り方とは、「質問をする」「聞き取る」「従う」などの受け手としての行動を指すのです。「カッコ悪いから」という理由で理解を未熟なものにしたまま先に進んでいってしまっては、何も学ぶことはできません。

仕事とは、相手がいて初めて成り立つものと考えましょう。他人との関わりなく仕事を進めることのできる日なんて、1日だってないのです。わからなかったり困ったりしたときは、素直な心で上司を質問攻めにしてもいいのです。

上司とのコミュニケーションの取り方②:前向きな感謝

上司に可愛がってもらえる新入社員になるには、実は秘訣があります。それはもちろん「コミュニケーションをとる」のが前提ですが、上司との良好な関係を築く上で、しっかりと心に留めておくべき点があるのです。それは、新入社員として「感謝の気持ちを言葉にする」というコミュニケーションの取り方です。

上司はあなたのために時間を割いている

新入社員が上司に感謝の気持ちを伝える。これは思っている以上に大事な点です。普段お世話になっている上司へ感謝の言葉を伝えられるかかどうかで、関係の進捗スピードは大幅に変わってくるからです。

教えてもらうたびに、「ありがとうございます」と伝えるのを忘れないようにしましょう。新入社員なんだから教えてもらって当然! なんて態度はダメですよ。

新入社員が持つべきスキル「感謝を言葉に」

新入社員を育てていくのは上司の仕事の一部ではありますが、先ほども言ったように元々持っている業務が多忙な中、上司は時間を割いて仕事を教えてくれています。そのため、教えている新入社員の「ありがとうございます」ひとつだけでも充分嬉しいものなのです。

「以前、このようにご指示頂いた通り、○○したら良い結果を出せました!ありがとうございました!」といったように、具体的に感謝の意を伝えられれば、非常に良いコミュニケーションの取り方といえます。育てがいのある部下として、さらに可愛がってもらえるはずです。

上司とのコミュニケーションの取り方③:食事をする

上司との円滑なコミュニケーションの取り方で、一番の近道となるのが『一緒に食事に行く』ことでしょう。飲み会の誘いにまで、毎回ついていくべきとは言いませんが、誘われた時は断らずに極力ついていくのをお勧めします。

業務外の時間を一緒に過ごすわけですから、職場ではわからなかった色々な発見があります。普段聞けない上司のプライベートを知ることで、思わぬ共通点がみつかるかもしれません。また、社内で話せないような点を教えてもらうにも、新入社員が上司と円滑にコミュニケーションを取る絶好の機会です。

新入社員が上司の誘いを受けた方が良い理由「期待の表れ」

Ryukyu glass 738800 640

上司と円滑にコミュニケーションの取り方として、入社したての新入社員に覚えてほしい3つの方法とは、わからないことは質問をする『聞く力』、お世話になっている上司にきちんと想いを伝える『感謝の言葉』、そして誘われたらついていく『お付き合い力』の3つです。

入社したての新入社員は、知らないものだらけなのは当たり前です。意地にならずに、頼れる上司に寄りかかってしまいましょう。そこでのコミュニケーションを元に、上司と新入社員の関係は築かれていくのです。

上司との円滑なコミュニケーションの取り方にはお礼が欠かせない!新入社員は実践しよう

上司との円滑なコミュニケーションの取り方として、入社したての新入社員に覚えてほしい3つの方法とは、わからないことは質問をする"聞く力"、お世話になっている上司にきちんと想いを伝える"感謝の言葉"、そして誘われたらついていく"お付き合い力"の3つです。

入社したての新入社員は、知らないものだらけなのは当たり前です。意地にならずに、頼れる上司に寄りかかってしまいましょう。そこでのコミュニケーションを元に、上司と新入社員の関係は築かれていくのです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス