親の介護を理由に退職する人が辞める前に考えるべき事実

介護, 退職

親の介護が理由の場合は退職以外の方法も考える

Lgf01a201312031900

親の介護で退職される人は最近増えています。ここでは、親の介護で退職するという方法以外で何かできないかを考えましょう。退職理由の見直しをする余地があるかもしれませんよ。

介護休業が就業規則にないか確認する

会社と言うのは退職するのは簡単ですが、再就職や転職をする際には大変な労力を必要とするものです。最近では会社の就業規則に「介護休業」というものを設置している会社もあります。

社員が親の介護をする必要がある時に、退職はせずに休職と言う形で一時的に介護に専念できる様に配慮されたシステムです。介護休業でなくても普通に休職を利用できる場合もありますので、退職理由が親の介護である場合には、就業規則をまず確認してみましょう。

休職や勤務時間を減らせるかなどを相談する

親の介護で退職と決めてしまう前に、相談をしてみるというのも大切です。退職理由が親の介護だとするのであれば、勤務時間を減らす、といった措置を取って貰える可能性もあります。

親の介護は一生続くものではなく、要介護度が上がるに連れて介護保険の適用率も高くなり、介護のプロの力を借りるようになっていくものです。ですから、親の介護で退職と誰にも相談せずに退職されるのではなく、まずは上司に相談して親の介護が理由で、今どうしても退職をする必要があるかを見極めましょう。

それでも親の介護が理由で退職する際は資金計画をしよう

親の介護で退職する前にまずは相談してみましょうと先ほどは紹介しました。次に紹介したいのは、相談はしてみたものの退職理由が親の介護となってしまいそうな時に考えたい内容です。

介護保険が適用されてもかなりの出費が見込まれる

退職理由が親の介護となると殆どの場合、自宅での介護生活となるものです。そして自宅での介護はとてもお金がかかるものです。

介護保険が適用になる場合でも、介護の為に自宅をリフォームしたり、介護用品を購入したりすると、月額で見るとかなりの出費となります。退職理由が親の介護が理由とはいえ、退職してしまったのでは収入が途絶えることになります。ですから親の介護で退職する際には、しっかりとした資金計画が必要です。

経済的に困るようであれば介護と両立できる仕事を探そう

親の介護で退職したとしても、親が資産家で経済的に何も困らないなら別ですが、退職理由が親の介護だとすると介護費用や今後の生活費に困ってしまうというケースも少なくなりありません。まずは自分と親の預貯金を調べて、毎月幾ら位必要かを算出します。

もしも足りない様ならば、ハローワークなどを利用して失業保険を受け取りながら、自宅での介護と両立できる様なパートを紹介して貰えるようにするというのも一つの方法です。

親の介護で退職する前に、親の介護で退職したあとも資金面で困ってしまわないように、退職前にきちんと計画を立てましょう。計画がしっかり立てば、退職理由を親の介護のためとし退職するように考えましょう。

転職時に親の介護を退職理由にする場合

親の介護で退職した後に、特別養護老人施設などに入所できる目途が立ち、再就職できる様になる可能性も考えられます。再就職のための面接の際に、「親の介護で退職しました」と退職理由を伝えてしまうと、面接官から突っ込んだ質問をされる場合もあります。

相手の会社にとっては、「親の介護で退職したのは本当か」「仕事に集中して貰えるのか」「また親の介護で退職しないか」という疑問を持ちます。

Tenpiboshi

再就職後に親の介護が心配の種にならないことを主張しよう

再就職の面接の際に、退職理由で「親の介護で退職しました」と伝えても構いませんが、「現在は介護の状況が改善されている」「介護が就職した後の仕事に支障をきたさない」「仕事をやる気がある」と自身の気持ちをきちんと説明できる様にしておきましょう。

面接を受けるにアドバイザーに頼る方法もある

もしも親の介護で退職した事実を説明をする際に、あたふたして上手く伝えられない心配がある場合には、求人紹介サイトを利用して、アドバイザーに頼るという方法もあります。再就職するにあたって、先方の心配を取り除く配慮も必要となるので、まずは自分の状況をしっかりと整理しておくことが必要です。

親の介護で退職する前に、まずは上司に相談!仮に辞めても問題ないか資金計画もすべき

親の介護で退職を考えている人が、するべき内容を紹介してきました。いかがでしたか?退職理由に親の介護とする前にまずは会社で、介護休暇や勤務時間の短縮ができないかを相談してみましょう。

また退職後の生活をよく考えてから退職をしましょう。親の介護で退職して自宅で親の介護に専念するとなると、毎日孤独な日々を送るようになります。

あわせて再就職を考えているのならば、なるべく人と接して社会と疎遠にならない様に心掛けましょう。利用できる介護サービスを調べておき、フルに利用できる様にしておくのもポイントです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月9日転職