産休代替派遣として働くなら絶対知るべき注意点

2016年11月29日派遣社員, 産前産後休暇

産休や育休取得後に仕事復帰する女性社員が増えている

Pregnant 244662 640

最近は、産休や育休を取って、また仕事に復帰するという女性社員も少なくありません。そうなると、会社側としてもそのポジションをまたその社員に戻したい、と考える場合も多いでしょう。

このように、産休・育休の期間だけ振替するために利用されるのが派遣というシステムなのです。

「産休代替」として派遣社員の募集をする場合がある

産休に入る人の代わりとして使用される派遣社員のことを、「産休代替」と呼んだりします。派遣社員の募集においても、産休代替である旨が記載されていることもたくさんあると思います。

派遣社員として求人を見る際には、派遣先が産休代替で募集をしているのかどうか、事前に必ずチェックしておきましょう。

産休代替の派遣社員の特徴について

産休代替で募集される派遣社員の場合は、他の派遣社員とは、若干違う特徴も見られます。以下で、その特徴について紹介していきますので確認してみましょう。

期間が決まっており派遣先で求められる業務やスキルが具体的

産休振替の特徴として挙げられる点として、通常の派遣とは期間が異なることが挙げられます。派遣先にもよりますが、基本的には産休・育休の期間だけ代替ということになりますので、その期間は、短くて1年程度、長くても1年半が目安となるでしょう。

また、産休代替で入る場合には、前任者のポジションを補うことが求められます。そのため、派遣先でやるべき業務というのも、すでに決まっていると思ってください。必要とされる知識やスキルについても、求められるものが具体的になってくるのが産休代替の派遣社員の特徴なのです。

仕事面では派遣先の産休に入る人から受ける引継ぎが重要

産休の代替として働く場合、派遣先での引継というのがとても重要になります。基本的に、産休に入る人のポジションを埋めるために派遣される形になりますので、その人からしっかりと引継を受けることが、派遣先の会社から要求されるポイントとなるでしょう。

Pregnancy 775041 1280

派遣先での引き継ぎはできるだけ早く進める

こういった形で、派遣社員として産休の代替として引継を受ける場合、できるだけ引継は早めに、ということを意識しておくことがポイントです。

というのも産休というのは、出産予定日を目処に予定されている為、実際に赤ちゃんが生まれる予定日がピッタリとは行かないのです。早産となれば早まることもあるでしょう。また妊婦さんとなりますので、体調不良となってしまう日も予想されます。そういった事も考えると、出来るだけ早く、派遣先での引継を進め完了させることが、産休の代替として求められる姿勢となるでしょう。

産休代替派遣として勤める場合は引き継ぎを早めに行い細かい条件に注意すること

いかがでしたか?産休代替派遣として、勤務する場合の注意点について紹介してきました。産休の振替として派遣先で求められる役割については、事前に確認するようにしましょう。そして派遣先での引継は、できるだけ早めに進めておくことが、その後の仕事のためにも安心です。期間は1年くらいと決められている場合がほとんどですので、あらかじめ確認しておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日転職

Posted by BiZPARK