入社半年での転職を成功させる3つのポイント

2016年12月6日成功

入社半年で転職を成功させるポイント①:次の新卒就活に間に合わせる

Children 593313 640

入社半年で転職を成功させるポイントの一つ目は、新卒就活に間に合わせることです。たとえば4月に入社し10月に退職したとしたら、退職後すぐに就活の準備を始めたら新卒就活に参戦できるでしょう。最近では新卒就活といいながら、既卒者や第二新卒の応募も受け付けている企業は増えています。

また入社半年で転職をするとなるとキャリアが浅いため、能力より将来性の方が重視されます。そのため企業によっては新卒募集の2次募集として、社会人1年未満の者を募集しているのです。

就活生時代の経験をまだ覚えているので転職に活かせられる

近年では、新卒就活の開始時期が後ろ倒しになる傾向があります。学生にとって時期の後ろ倒しの評判は、あまりよくありません。しかし転職者にとっては、大きなメリットになるはずです。その理由は就活の経験をまだ覚えていて、かつ準備する時間が取れるからです。

たとえば転職する際のエントリーシート(ES)の書き方や、面接のマナー。これらは一年前にも経験したことなので、すぐに準備できるでしょう。入社半年で転職するとキャリアがないため不利だと思われがちですが、キャリアがないからこそ活かせられる点があるということですね。次の新卒就活に合わせて、転職の準備をするといいかもしれませんね。

企業研究を徹底してタイミングを逃さない

転職者が力を入れたいのが、企業研究です。半年でも社会人としての経験を積んだ分、学生時代とはまた違った視点で企業研究ができるはずではないでしょうか?

そのため企業研究を徹底的に行い、採用試験や面接に備えてください。入社半年で転職を成功させるためには、新卒就活のタイミングを逃さないことが大きなポイントになります。では次に入社半年で転職を成功させるポイントの二つ目を見ていきましょう。

入社半年で転職を成功させるポイント②:退職理由を正直に答えない

Business 456757 1280

入社半年で転職を成功させるポイントの二つ目は、面接で退職理由を聞かれたとき、正直に答えないことです。

・「職場の雰囲気になじめない」

・「ブラック企業で心身ともに疲弊した」

・「思っていた会社と違った」

・「したい仕事をさせてくれない」

などの退職理由は、至極真っ当なものかもしれません。しかし転職を成功させるためには、これらを面接で口にしないようにしましょう。

「ブラック企業で退職した」と言うと根性のない人だと思われる

上記のような転職理由を話しても、面接官は「それは悪い職場だったね。お気の毒に」とは思いません。実際に多くの面接官は「その程度の理由で入社半年で辞めるなんて、根性のない人間だ。採用してもすぐにやめてしまうだろう」と考えます。なので入社半年といえども、採用されやすい転職理由を答える必要があるでしょう。

転職する際は必ず前職の退職理由を聞かれます。では、そのときにどう回答するのがベストでしょうか?

転職を成功させるためには高い勤労意欲ゆえの退職理由を伝える

入社半年で転職を成功させるには、退職理由の答え方に注意が必要です。

「営業職を希望していたのに、経理に配属されました。経理は会社にとってなくてはならない大切な部署だとわかってはいるものの、どうしても営業の仕事をしたかっのです。でも、上司の話では一度経理に回されると営業に転属になることはまずないということだったので、営業の仕事ができる御社に転職したいと思いました」

このように、高い勤労意欲ゆえに退職したのだと答え方を心がけましょう。ぜひ参考にしてみてください。

入社半年で転職を成功させるポイント③:マナーがあることをアピール

入社半年で転職を成功させるポイントの三つ目は、社会人としてのマナーが身についているかどうかです。企業が第二新卒者に求めるものは、社会人のマナーです。そのため、転職先には社会人警官があるからこその強みとして、マナーが身についていることをアピールしましょう。

企業が社会人経験が短い若手社会人に求めるものは「社会人としての基礎マナー」です。逆に基礎マナーが不足していると、転職活動は上手くいかないとも言えます。

企業はマナー教育のコストがかからない第二新卒を求めている

Urban 205986 640

なぜ社会人としてのマナーが身に付いてることをアピールする必要があるのでしょうか?新卒者の場合、企業は高い教育コストを払って新入社員に社会人のマナーを教えなければなりません。第二新卒者を採用すれば、業務に関わる教育のコストはかかるものの、社会人のマナーについての教育コストは削減することができるのです。

そのため入社半年で転職を成功させるためにも、社会人としての基礎的なマナーがある事をアピールしてくださいね。では次に具体的なアピール方法を見ていきましょう。

面接のときは立ち振る舞いや言葉遣いなどのマナーを意識

企業が第二新卒者を採用する狙いは、上記で見てきましたね。入社半年で転職を成功させたい人は、まず企業の期待にこたえなければなりません。そのため面接のときには、マナーを意識してみてください。

新卒就活の時以上に社会人のマナーに適った立ち振る舞いや、言葉遣いに気を使うようにしましょう。基礎的なマナーをアピールして、本題である志望動機や自己PRにつなげていってくださいね。

入社半年で転職をする際は「早めの行動」「マナー」「高い入社意欲」が成功につながる!

入社半年で前の会社を辞めた人に、企業の採用担当者はあまりよい評価をしません。しかし評価を覆すのはとても大変かもしれませんが、不可能ではないのです。入社半年で転職を成功させるためには、社会人のマナーに適った立居振舞をしつつ、高い入社意欲をアピールすることが大切です。

第二新卒はまだキャリアが浅いため、能力より将来性の方が重視されます。何よりも「これから頑張っていくんだ!」という気持ちが大事ですよ。今回紹介した入社半年での転職を成功させる3つのポイントを参考にしてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月6日転職

Posted by BiZPARK