送別会をスムーズに進行するための式次第の例とポイント

飲み会

送別会の一般的な式次第の例

Flowers 986006 960 720

おすすめの式次第の例とポイントを説明する前に、一般的な送別会の式次第の例を紹介しておきます。

①開会の辞

②代表者の挨拶

③乾杯

④歓談、飲食

⑤送る側からのメッセージ

⑥記念品、花束贈呈

⑦送られる人(主役)の挨拶

⑧万歳三唱(手締め)

⑨閉会宣言

これが一般的な送別会の式次第の例になります。これに従えば、大きな問題のないスムーズな送別会になると考えていいでしょう。

代表者の挨拶で印象的な送別会に

さらに印象的な送別会にするための式次第の例を、シーンごとに見ていきます。

まず、幹事(司会役)が「これより○○さんの送別会を始めます」と述べ、代表者からの挨拶を促します。参加者の中の最上位者が挨拶するのが常識です。

乾杯までは一般的な式次第の例の通りがベター

続いて、乾杯に移りますが、乾杯の音頭、発声は、二番目の地位の人が妥当でしょう。

つまり、部内の送別会で担当重役が参加する場合は、「最初の挨拶は担当重役」「乾杯の発声は部長」ということになります。

ここまでは、型通りの式次第の例で進めるのがおすすめ。まずはスムーズにスタートさせることに専念しましょう。「サプライズ」を用意するポイントは、このあとにあります。

送別会の式次第のメインパート①:送り手からのメッセージ

送別会の式次第の例の中で、メインになるパートが2つあります。それは「送り手からのメッセージ」と「記念品贈呈を受けての送られる人の挨拶」です。

送別会ではできるだけ多くの人がメッセージを伝える

1つ目の山となる、送り手からのメッセージのポイント、「できるだけ多くの方がメッセージを伝える」ということです。課内や部内の送別会であれば、「全員からのひとことメッセージ」がベストです。事前に、参加者全員にその旨を伝え、メッセージを考えておいてもらいましょう。

よほど大人数の会で、それが物理的に不可能であるなら、例として「ベテラン、中堅、若手」のように世代を分けて、各世代から数名の人に代表してスピーチしてもらうという方法もあります。

送別会は余興より主役との別れを惜しむことが大切

多くの方に発言を求めることによって、意外な人から名スピーチが生まれることもありますし、送られる側にとって印象的な会になるはずです。なお、歓迎会や忘年会などは、参加者の懇親をその目的としますから、例として「ゲーム」や「余興」も効果的です。しかし、送別会はあくまでも、主役との別れを惜しむのが目的なのですから、余興などよりも、歓談や送り手からのメッセージの時間を優先すべきでしょう。

送別会の式次第のメインパート②:記念品贈呈をしてから主役の挨拶

送別会の式次第の例のもう1つのメインが、「記念品贈呈とそれを受けての主役の挨拶」です。

記念品贈呈に関しておすすめしたい例は2つあります。

一般的な式次第の例には含まれないサプライズメッセージ

Bouquet 690657 640

おすすめの例1つ目は「サプライズメッセージ」。別の部署にいるために送別会には参加しないけれど、主役と特に仲が良かったり、縁の深い人からメッセージをもらっておいて、それを記念品贈呈前に紹介するのです。

主役の前の上司や、同期で長年親交を深めてきた方、さらには、取引先など社外の関係者で特におつきあいの深い方などが適任です。

これは、普通の送別会の式次第の例には含まれないサプライズ。ですから、主役は感激するにちがいありません。

送別会の記念に思い出のアルバムを用意する

もう1つのおすすめの例は、記念品に「思い出アルバム」を加えること。送別会では実用的な品物や花束を贈ることになりますが、それに「社内行事などで撮った主役の写真」をアルバムにして加えるのです。アルバムに部署内のメンバー全員で寄せ書きをすれば、いっそう素敵な記念品となるでしょう。それを受けて、主役の挨拶があり、終宴への流れになります。万歳三唱(もしくは手締め)の音頭は、主役の直属の上司か、最年長の方が適任でしょう。

そして司会役が「これにて、○○さんの送別会をお開きにさせていてだきます」と締めます。

送別会の印象的な式次第の例として多くの送り手メッセージとサプライズは不可欠

送別会の式次第について、ビジネスシーンの一つとして具体的な例を示しながら、流れを説明してきました。最初に示した一般的な式次第の例をそのまま踏襲しても、もちろん問題はありませんが、やはり形式的な印象が残ります。より印象深い、主役の心を打つ送別会にするために、この記事で紹介した式次第の例を参考にしてみてはいかがでしょうか。

人気の転職サイト特集

doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

2016年12月9日ビジネス