自己紹介文で書くことは?入社後に提出する時のコツ

自己紹介

入社後に提出する自己紹介文はしっかり書き上げよう

Girl 1031308 960 720

採用試験の際にも志望動機や自己PRなどに追われた新人たちにとって、実は入社後の自己紹介文もとても大切なステップです。社会に出ると、これまでにないくらいの書類作成や報告書のやり取りがされます。

きちんとした文章を書けるということは、社会人のスキルとしても必要になるのです。入社後のこうした課題は良い練習の機会であるとともに腕試しでもあります。

情報は伝わりやすく書くのが基本マナー

入社後の仕事でも同じことが言えますが、文章を書く上で最も大切にしたいコツは、何を伝えたいかです。伝えたい内容を伝わりやすく書かなくてはいけません。

入社後の自己紹介文を書くにあたっては、自分という「商品」を説明して、売り込む練習のつもりで書くと客観的かつ論理的なアプローチが出来るかもしれません。

入社後の自己紹介文は、まだ仕事についての報告書が書けない新人にとっては良いテーマです。自分を掘り下げて内省してみるチャンスでもあります。

自己紹介文の書き方とコツとは?

入社後の自己紹介文を書く準備をしましょう。書き始めのコツは何を書くかです。特に、具体的に決まりがない場合、自己紹介は漠然とした内容になりがち。会社に入って何をしたいか、あるいは、自分の得意なことなど、ある程度内容の範囲を絞って文章全体にまとまりを持たせるようにするのがコツです。

また、その中でいくつかの段落に分けて、内容を精査していくとよいでしょう。では、自己紹介文を提出する時のコツをさらにまとめます。

コツ①:全体の構成を練るためにメモをまとめてみる

実際に文章を書く前に、小さなメモ用紙などに書きたい内容を箇条書きにしてみると楽になります。コツはメモを数枚用意しておき、それぞれに小見出しをつけることです。メモ一枚あたりが一段落です。見出しに合う具体例や言いたいことをそれぞれ書き出してみて取捨選択します。

そうすることで段落ごとにまとまった流れを付けることができ、そのメモの内容を見比べて全体の構成を作ることができます。

コツ②:自己紹介文の構成を考える

社会人のレポート、報告書の基本は、結論を先に書く事です。起承転結の順番通りに説明していくと、結論までに時間がかかりレポートの目的が分かりにくくなります。

これは口頭での報告にも同じことが言えて、この先の伝達のしかたにも活かせます。結論から説明という流れを意識するのが理路整然とした文章のコツです。

コツ③:長文が苦手な人は小分けにして書く

長い文章を書く事が苦手な人にとって、大量の枚数のレポートは非常にきつい仕事です。自己紹介文であっても、目標枚数を達成できない人もいるでしょう。その場合には、レポートのテーマを二部、三部構成にして、それぞれに起承転結を入れてやると良いでしょう。

小分けにして長い作文を短い2つの作文にすると、1つあたりの文章を短くできます。大きな山を目標にするとつらそうですが、小さな山を二つ越えることならば出来るかもしれません。

自己紹介に書くことは何がある?

何を書けばいいか分からないからといって、内容がめちゃくちゃでも許されるわけではありません。入社後に印象を悪くしないために、何を書くべきか、最低限の内容を確認しておきましょう。自己紹介に書くことを確認して、しっかり実践に活かしてください。

自己紹介で書くこと一覧

Country 946706 960 720

自己紹介文で書くことは人それぞれ異なりますが、内容には次のような項目を入れたいですね。

【書くこと~今までについて~】

・打ち込んできたスポーツ

・大好きな趣味や音楽、そこから得られたもの

・学生時代に頑張った事柄

【書くこと~キャリアについて~】

・将来の希望

・やりたい仕事

・目標(1年/3年/5年など)

・アピールポイント

【書くこと~態度や心構えについて~】

・謙虚さを示す一言

・親しみやすい挨拶

・感謝の言葉

もしも書くことに悩んだとしても、上記の要素は意識的に入れてください。ただし、全部を別々に入れるのではなくて、上手く混ぜ合わせて入れるのがベストです。

入社後の自己紹介文に書くことは、事前にまとめて分かりやすい内容に仕上げるのがコツ!

自己紹介文を入社後に提出する時のコツ&書くことをご紹介しましたが、いかがでしたか?

入社後の自己紹介文を書く際は何を言いたいのか自覚するのが良い文章を書くためのコツです。入社後の報告書の作成などの練習として、与えられる自己紹介文などの課題は、社会人らしい書き方でまとめてみましょう。

人に伝わりやすい文章を書くことは慣れないと大変ですが、コツを掴んで今後の仕事にも活かせるようにしなくてはいけません。自分を振り返り、社会人としてどうなりたいかを考えるための良い機会でもあります。

何を書けばいいのか、内容に悩む新入社員は多いかと思いますが、是非今回の内容を参考にしてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月9日ビジネス