社員旅行のアンケートに記載すべき項目3選

社員旅行

社員旅行のアンケート項目①社員旅行の日程

Pak86 penwomotutetonote20140312600

社員旅行のアンケートに記載すべき一つ目の項目は日程です。社員旅行は、社員同士で親睦を深めると共に、日頃の疲れを癒して、再び業務に集中してもらう為に行われます。より多くの社員に参加してもらうことで、社員旅行が利益に反映されるので、予めアンケートの項目として記載し、都合の良い日程をたずねておきましょう。

社員旅行はアンケート項目からできるだけ全員参加できる日を

社員旅行は、誰か一人でも欠けてしまうと、その人物が不満に感じてしまいます。できるだけ全員参加できる日程を、アンケート項目から選ぶことが大切です。アンケートの結果、誰か一人でも日程が合わなかった場合は、一度都合を付けられないか相談してみましょう。

社員旅行のアンケート項目②行き先

社員旅行のアンケートに記載すべき二つ目の項目は行き先です。社員旅行で一番揉める原因になる可能性が高いことが、社員旅行の行き先です。温泉に行きたい社員が多ければ、温泉を選ぶことになりますが、その中でどこの温泉に行きたいかということがまとまらず、もめてしまう恐れがあります。

大枠だけアンケート項目で決めて社員旅行幹事が詳細を

アンケートの結果、温泉に行きたい社員が多い場合は、具体的にどこの温泉に行きたいかということまではアンケートで質問せずに、予算や宿泊先の空室状況など、あらゆる要素を踏まえて幹事が決定しましょう。そうすることで、希望が通らなかったことに対して不満に思われることを防げます。

社員旅行のアンケート項目③何をして楽しみたいか

社員旅行のアンケートに記載すべき三つ目の項目は旅行先で何をするかです。社員旅行で行きたい場所を聞くだけではなく、どういったことをして楽しみたいのか、漠然とした答えを求めましょう。例えば、行きたい場所が温泉であっても、癒されたいことが目的であれば、必ずしも温泉でなければならないということにはなりません。他の社員が、歴史探索や自由にその土地を楽しみたいと考えているのであれば、そういったことを楽しむことで、癒しに繋がります。

アンケート項目から全てを反映させようとしない

社員旅行でアンケートを取った結果、意見がバラバラであった場合には、項目全てを反映させようとしないことが大切です。漠然とした質問をして、それに合致した行き先を幹事が考えて決めましょう。社員の中でも派閥があれば、それだけ揉める可能性があるので、幹事が上手く誘導することが大切です。社員旅行は、全員が楽しめて、心身共に癒されて終えることができれば成功と言えるので、計画の段階で揉めることが無い様に注意しましょう。

社員旅行のアンケート項目はあくまで参考にして幹事の裁量で

社員旅行を計画する際に取るアンケートは、あくまでも参考程度に留めておきましょう。社員の積立金や会社が出す補助金は限られているので、必ずしも希望通りに行き先を決められるとは限りません。空室状況や混雑具合を考慮しつつ、幹事が裁量の選択をすることで、社員旅行を成功させることに繋がります。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス