休日出勤のせいでキャンセル料が発生!損害賠償を会社に請求できる?

2017年1月16日休日出勤, 損害賠償

繁忙期には休日出勤が増えるもの

ところが休日に旅行の計画をたて、チケット、ホテルの予約をしていたなら、それらをキャンセルしなければなりません。当然キャンセル料が発生します。このような場合、会社が費用を負担してくれるのでしょうか。休日出勤を強制されたなら、会社がキャンセル料を負担して当然とも思えます。

会社がキャンセル料を負担してくれる可能性はかなり低い

しかし法律的には会社からの休日出勤のせいでキャンセル料負担が認められることは不可能に近いと言えます。よって損害賠償が認められるのは現状では難しいでしょう。休日出勤がよほど理不尽な要求なら会社への損害賠償が成立する可能性はありますが、業務上やむを得ない休日出勤の場合は自腹でキャンセル料を払うしかないようです。

会社と話し合えばキャンセル料を負担してくれるかも

ただ、会社に事情を説明したら大方の企業ではキャンセル料を負担してくれるともいえます。そもそも予定していた計画がだめになった事でのキャンセル料で、会社に損害賠償を求める訴訟を起こすこと事態が稀なケースでもあります。あまりに理不尽な休日出勤のうえ、キャンセル料が高額でもないかぎり、損害賠償を起こす必要なないでしょう。致し方ない休日出勤にともないキャンセル料が発生した場合は、会社と話合いをもち解決しましょう。会社というものはそうそう理不尽な対応はしないものです。

学生時代とは違う社会人

社会人になると学生時代とは違い融通が利かなくなります。学生の時は多少体調がすぐれない、なんとなく気分がさえないと、講義、サークルなどをさぼれました。これも学生時代ならではの出来事と言えます。ところが社会人になると状況は異なります。特に会社員ではいい加減な対応はできません。休日ですら会社に呼び出される可能性もあるのです。

休日出勤はサラリーマンの宿命

平日フルタイムで働き、残業もこなし、ようやく休みの日と思いきや、休日出勤を命じられる事態は、会社員なら誰でも経験します。子どもがダダをこねるみたいに「今日は休日だから会社に行かない」とはいきません。上司の命令、要望なら休日出勤やむを得ないです。サラリーマンの宿命ともいえ、仕事のためならそう簡単に拒否できないと、あきらめるしかありません。

損害賠償は無理でも、会社と話し合いで休日出勤に伴い発生したキャンセル料は補填してくれるかも

休日出勤で損害賠償、なにやら物々しいテーマです。休日に予約を入れていた計画がキャンセルした場合、会社のキャンセル料負担が認められる可能性は極めて小さいことが分りました。しかしこれは現在考えられる法律の解釈、判例から導かれるものです。今後どう変化するかはわかりません。どちらにしろ、このようなケースが発生したら会社との話合いをもちましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK