【休職が怖い?】復職するとき不安にならない心構え

休職, 復職

休職期間は復職に大きく影響する

Gf01a201503151700

復職は大変不安で気の重いことです。休職期間が、長引けばそれだけ復職する不安や恐怖も募ってきます。だからこそ休職期間を伸ばしてしまう、といった悪循環も起こってしまうのですが、しっかりと復職のための準備をしておくことで、不安を取り除き、無駄な心配もしなくて済むようになるのです。

人によっては復職が不安で辞めてしまうことも

復職は大変エネルギーがいりますし、思うようにもいかないことも多いですから、復職の不安を機に辞めてしまう人というのは結構な数に登ります。前の業務に戻るだけ、直ぐに皆が受け入れてくれるといったような、甘い考えでは立ち行かなくなることも多いのです。

休職からの復職を進めていくための準備

入院期間などの休職中でも復職のための布石として職場との連絡や交流は欠かしてはいけません。それだけで仕事の感覚を失わず、不安にならずに済みますし、復職のことを具体的に考えやすくなります。

出来れば、病床でも出来る軽い仕事を一つでも貰っておけば、自然と交流が図れますし、同僚の人も認めてくれるものです。

復帰する前準備として必ず職場へ連絡と顔出しを

復帰する準備ができたら、休職が開ける前に職場へ少しずつ顔を出したいものです。こういった時間を活かして新人を確認したり、現在どういったプロジェクトが進行しているのかといったことも把握できます。

これが、大きな不安解消につながるのです。また、復職後のポストなども聞きやすいタイミングなので、こういった機会を無駄にしたくないものです。

いざ仕事が始まってしまうと、こういった時間も少なくなってしまい不安がつきまとうようになってきます。

復職直後からフルアクセルはいけない

Document 428334 640

復職するとブランクがある不安から、どうしてもそれまでの分を取り返そうとしますが、こういったことは逆効果にもなります。

どうしても以前のようには出来ませんし、頭の回転なども長い病床生活の後には、戻るまでには時間がかかります。

新しく新車を仕入れた時のように、徐々に慣らし運転をして自分の管理をしていくことが大事です。

休職から復職したら職場への感謝の心を忘れずに

またそれまで自分が居ない職場を支えてくれた人への感謝も忘れてはいけません。

素知らぬ顔で復帰する人も多いですが、休職は多かれ少なかれ迷惑なものです。それだけにしっかりと職場の人へ気配りをしていくことで周囲の理解も得やすくなるということは忘れないで下さい。

休職から復帰する際は気遣うポイントを知って不安を解消しよう

休職からの復職を機に辞めてしまう人や、復職を気に止んで不安を感じる人など、休職から復職する際にはエネルギーが必要なものです。復職する際には、休職前からの職場との交流といったことや顔出しといった準備を欠かしてはいけません。

また、復帰直後から頑張り過ぎたりといったことも抑制すべきで、しっかりと感謝の気持を持っていくことで、周りの理解も得やすくなります。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月9日転職