忘年会のお誘いメールへの返信マナーと注意点

返信, 飲み会

忘年会のメールに返信するときは幹事との関係に合わせた言葉選びで!

忘年会の幹事が自分よりも上の立場であれば、より忘年会を欠席しづらくなります。また、お誘いメールの返信の内容によっては、人間関係に悪影響を及ぼす場合もあります。それを防ぐ為には、まずは幹事と自分の上下関係を確認することが大切です。上司や先輩社員であれば、申し訳なさを前面に出してメールの返信をしましょう。同僚や後輩であれば、敬語を使用しなくても構いませんが、相手の立場に立って文章を考えましょう。

忘年会のメールに返信するときは最低限のマナーを守ろう

たとえ同僚や後輩が幹事であっても、忙しい中から忘年会の幹事を引き受けてくれているので、最低限のマナーを守って返信の文章を考えのが大切です。忘年会に出席か欠席かを記載するだけではなく、欠席するのであれば申し訳ない気持ちや、参加するのであれば忘年会を楽しみにしている気持ちをメールの返信の文章に加えましょう。

忘年会に欠席する場合は理由を明確に記載しよう

忘年会は、一年会の働きに対する労いの意味も込められているので、できるだけ社員全員で開催するという気持ちが大切です。そういった忘年会に欠席する場合には、それなりの理由を用意しておく必要があります。単純に、欠席する旨だけを記載しメールを返信してしまうと、幹事の気持ちを踏みにじっていると思われかねず、今後の人間関係に影響します。

今回は欠席でも次回は忘年会に参加したいという意思を伝えよう

どんな理由で忘年会を欠席するにしても、次は参加したい意志をメールの返信の中で伝えましょう。少しでも、忘年会に参加したくないという意思が伝わってしまうと、会社での自分の評価にも関わります。忘年会に参加できないのを残念に思っていることを前面に押し出して、次も快く誘ってもらえるように文章にしてメールを返信しましょう。

忘年会の幹事への労いの言葉を忘れずにメールに盛り込もう

忘年会の幹事は、自分と同じ量の仕事をこなしている上で、雑務を任されているので、それに対する労いの言葉を必ず書き加える配慮が大切です。忘年会に欠席するにしても、その言葉があるだけで嫌な気持ちにはならなくなります。また、次に自分が幹事になった時に、協力する姿勢で参加してくれることにも繋がります。なので、忘年会の幹事への労いの言葉を忘れずにメールに盛り込んでください。

忘年会の幹事が気持ちよく仕事をできるよう配慮しよう

幹事を仕方なく引き受けていたとしても、上司から指名されれば幹事をするしかありません。自分の会社での評価にも関わる可能性があるので、高いモチベーションで幹事を引き受ける場合もあります。忘年会のメールへの返信の際には、忘年会を楽しみにしているという気持ちを伝えて、気分良く幹事の仕事をしてもらうのが大切です。

忘年会のご案内メールは返信の内容一つで印象が変わる!

忘年会のお誘いメールは、業務メールの一つです。会社の恒例行事になっているのであれば、毎年同じ内容のメールが送られてきます。その為に、業務メールへの返信の様に短調な内容にしてしまうと、幹事が持っている自分への印象が変わってしまいます。思わぬ部分に影響を及ぼす可能性があるので、忘年会のメールへの返信内容には細心の注意を払いましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月25日ビジネス