仕事をする上で「負け戦」を積極的にすべき理由

2016年12月27日負け戦

負け戦は自分自身の成長に必要なもの

020f47ea7fca9f21

負け戦とは、負けた戦いや負けると決まっている戦いという意味です。仕事において負け戦はよくないと考えがちですが、そうではありません。勝負の世界で、勝ちにこだわることはとても大切です。しかし、負けない戦いばかりをしていては自分自身の成長にはつながりません。社会人として経験を重ねていくと、敗北感や劣等感を味わうこともあります。そんなときこそ、成長のヒントが隠れているのです。

負けを知らない戦いばかりをしても意味がない

自分は仕事できる人間だと自信を持つことは、悪いことではありません。しかし、世の中にはもっと高いレベルで仕事をする人が大勢いるのです。その中には、多くの経験を積んでいる人もいます。そうした人と対峙したときに、「自分はまだまだ」と感じる瞬間が訪れるのです。もしも負け知らずの環境にいるのであれば、より高いレベルの環境で働くことをおすすめします。

負け戦を受け入れて対策を講じることが成長のカギ

社内の営業成績でライバルに負けてしまったり、商談で相手の思う通りになってしまったり、売上やノルマが達成できなかったり。このような状況であっても、きちんと負けを受け入れて対策を講じるようにしましょう。負けた原因は何だったのか。次の機会に負けないためにはどうするべきなのか。負け戦で成長するためには、負けても腐らずに立ち上がることが大切です。ビジネスは、一度負けたからといって終わるものではありません。負けを追求して、自分を磨きあげていくものです。自分の実力を知り、一歩一歩積み上げていきましょう。決して、焦ったり急いではいけません。それが、仕事で成長するということです。

高いレベルにいる人と過ごして自分を奮い立たせる

自分自身が成長するために、自分よりも高いレベルで仕事をする人との機会を積極的に作る人もいます。例えば上司とのお酒の席、自己啓発セミナー、同業種で大手企業に勤める役職者など。このような人たちと過ごすことにより、劣等感を感じて自分を奮い立たせるのです。0勝10敗であっても、10回の成長の機会を得たと考えるべきです。

仕事において負け戦は自分自身を成長させるもの!経験を積み重ねて強みにしていこう

いかがでしたか。仕事における負け戦の重要性についてご紹介してきました。負け戦は、仕事において自分自身を成長させるものです。成長というのは、毎日の積み重ねで少しずつ磨かれていくということです。負けを積み重ねるのは、経験を積み重ねることにもなります。経験は、成長していく過程で必要不可欠です。仕事ができる人や経営者は、想像以上に負けを経験しています。勝ちにこだわらず、負け戦であっても立ち向かっていきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月27日ビジネス

Posted by BiZPARK