収入から考える家賃の目安

家賃

一般的に家賃は収入の1/3と言われる

Gf01a201503301700

家賃の目安についてですが、多くの人が「収入の1/3」と聞いたことがあるのではないでしょうか。

では、実際のところ1/3という考えでいいのでしょうか。

年収の2割以内に抑えるのが理想

HOME’Sによると、家賃は年収の2割以内に抑えるのが理想であり、3割りを越えると、家計が圧迫してしまうと記載してあります。このことから「家賃は収入の1/3」というのは、決して間違いではありませんが、できることであれば年収の2割で考えたほうがいいでしょう。

年収330万程度の人は5万5,000円ぐらいの家賃がおすすめ

求人・転職サイト「doda」の調べによると、25歳男性の平均年収は340万円、女性は312万円であり、全体では329万円となっていることが分かります。そのため、平均的な収入である人の場合、家賃は5万5,000円程度を目安に物件を探すといいでしょう。

家賃の目安は1/3と言われるが2割程度がおすすめ

ここでは、収入面から見る家賃の目安についてご紹介しました。よく耳にするのは「家賃は収入の1/3」ということですが、実際は生活が圧迫してしまう可能性もあるため2割程度で考えることをおすすめします。しかし、個人によって、お金の使いどころは何を重視するのかが変わってきます。「家で過ごすことが多く、快適な環境づくりがしたいため家賃は惜しまない」と考える人ももちろんいるでしょう。そのため、自分の収入と使い道では何を重視するのか考えながら家賃も決めていくといいでしょう。

人気の転職サイト特集

doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

2019年11月11日ビジネス