ぜひとも覚えておきたい給料と給与の違いって何?

賃金

「給料」と「給与」は違う!?

Calculator 385506 1280

「給与と給料、違いなんてないんじゃない?」そう思っている人は多いのではないでしょうか。しかし、実はしっかりとした違いがあるのです。自分が稼ぐお金のことですから、しっかりとその違いを把握しておきましょう。知っておくことで、話題も広がりますよ。

「給与」とは基本給・手当などすべてを含んだもの

一般的に給与とは、基本給・賞与・手当すべてを含んだものになります。通常、所属先からもらうお金には、基本給と呼ばれるその人に決まって与えられるお金と、ボーナスなどの賞与、また交通費・残業代・能力給などの手当と呼ばれるものが含まれます。これらの総称を給与と呼び、会社員や公務員に支払われる総支給額といって良いでしょう。

「給料」とは基本給を指す

では「給料」とは、どういった意味になるのでしょうか?給料は、給与の中に含まれる、基本給を指します。基本給(給料)は、毎月決まって所属先から支払われる定額のお金になります。昇給とは、一般的にこの給料が上がることを意味し、年齢や勤続年数・能力によって決まるのです。

似ている言葉の「賃金」の意味もすこし違いがある

給与や給料と似た言葉に「賃金」があります。給与は労働者に対して雇い主が支払う報酬のことを指すのに対し、賃金は雇い主から労働者に支払われる報酬を指します。つまり、金額としては同じなのですが、支払う側、支払われる側、の視点が違う言葉なんですね。一般的にはどちらも同じ意味で使えますので、普段その視点の違いを意識するケースは少ないかもしれませんが、知っておくのもよいでしょう。

就職・転職時に給与と給料の違いを知らないと生活に関わる

就職・転職時は給与、給料(基本給)の違いを理解しておくと、自身の生活レベルを検討することができます。給与が高くとも給料(基本給)が低いと、もし賞与がでなかったら、手当が適応されなかったら、リスクの高い生活になってしまうかもしれませんね。

給与と給料の大きな違いは変動か固定か

前述もしたように、就職や転職の際に給与と給料の違いを理解しておかないと、生活にリスクが出てくるかもしれません。給料は、月額のお金になり固定されたものになります。しかし、手当などを含む給与は、例えば残業代などは月々違ってくるので、総額が変動してしまうのです。

就職や転職では給料に注目!

就職や転職では、募集内容に記載されている給与ではなく、給料に注目するようにしましょう。給与が高いから安心というわけではありません。給与は変動してしまうため安心とは言い切れないのです。その点、給料は固定された(昇給の可能性はアリ)ものになりますので、必ずその金額だけは貰えます。応募の際は、必ずチェックしておきましょう。

【給与】は賞与・手当など全てを含んだもの【給料】は基本給のこと

いかがでしたでしょうか? 普段違いを意識して話すことはないかもしれませんが、明確な違いがありました。もし転職活動をしたり自分が人事・労務担当になったりしたときには、少し意識して使い分けましょう。また、募集要項に記載があったときには、間違えて書かれたものではないか確認してみるといいでしょう。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年9月29日ビジネス