女性が好感をもたれるビジネススタイルとNG服装マナー

女性, 服装マナー

女性が好感をもたれるビジネススタイルとNG服装マナーとは?

Business card 427511 640

女性が好感をもたれるビジネススタイルとNG服装マナーについて紹介します。職場ではビジネスシーンに合った服装をすることが必要です。特に女性の服装マナーは選択肢が多いため迷いがちですね。毎日の通勤の服装に悩み、コーディネートに困っている方も多いでしょう。

「職場でも流行のファッションを楽しみたい、でもビジネスマナーを守らないと……」

この記事では【仕事の関係上で好感をもたれる】ということを目的に、どんな服装を選ぶべきかをアドバイスします。

職場で好感をもたれる女性の服装のポイント①仕事をしやすい

服装を選ぶ時、あなたはどんなことを目的にしていますか?

「私がオシャレと思う服を着たい!」

「快適な服を着たい」

「男性から可愛いなあと思われる服を着たい」

同じ女性でも服を選ぶ時に考えることは様々です。しかし、職場に着ていく服の観点は、【仕事をしやすいか】で考えましょう。その場合、気にするべき視点は、以下のようになります。

仕事をしやすいかどうか

内勤・事務系…比較的自由、社風や社内規定による。

外勤・営業系…スーツが基本、固い素材や短いスカートは扱いが難しいため避ける。

技術・開発系…利便性重視、動きやすい又は制服や作業着に着替えやすいものを。

接客・販売系…販売物や制服の雰囲気に合わせて、華やかなものを。

あなたの職場はどうですか?

プライベートでは、それぞれ様々な目的で服を選んでいると思いますが、ビジネスシーンではこういった仕事への適性を考えて服を選びましょう。もし今、自分の好みだけで決めていた人は、それが職場や仕事内容に合っているのかどうかを考え直してみましょう。

好感をもたれる女性の服装のポイント②老若男女共に良いと思える

プライベートで着る服は、会う人、つまり家族やパートナーや友だちなど、はっきりした相手に合わせればよいのですが、職場には様々な人がいるため、誰かに合わせるというのは難しいですね。そこで、職場にいる誰からも良いと思える服を選びましょう。具体的にはこんなイメージです。

年配の方から見て良いもの

  • 派手すぎない
  • 真面目である
  • 仕事の邪魔にならない

若い人から見て良いもの

  • おしゃれ
  • 色鮮やか
  • 流行

男性から見て見て良いもの

  • 美しい
  • 可愛らしい
  • 女性らしい

女性から見て良いもの

  • 可愛い
  • 子どもっぽくなりすぎない
  • セクシーすぎない

誰から見ても問題ないアイテムって? ビジネスシーンに合ったものの特徴

上の表を見て、「じゃあ結局誰からも良いと思われる服ってどんな服?」と思った人へ、条件に当てはまるアイテムを探すための特徴をお伝えします。

まず、NGな服装を避けましょう。

NG服装

  • 派手すぎる

    目に痛いほどの原色、大きな柄、正反対の色の組み合わせなど
  • 不真面目

    だらしなさを感じるオーバーサイズのもの、破けているものなど
  • 仕事の邪魔になる

    裾が長すぎる、周囲に引っかかる、人の注意を引きすぎるなど
  • セクシー過ぎる

    胸元が開き過ぎる、スカートが短すぎる、下着の色が透けている

それ以外の条件は満たせれば好印象ですが、相手や時期によって基準が違うため、中々ハードルが高いですね。「そんな難しい服装できない……」という人は、発想を転換させて、【相手や時期に左右されない服装】をすればNGになることはないと考えましょう。

ハードルが高めのGOOD服装

  • おしゃれ/流行/センスがある
  • 美しい
  • 色鮮やか
  • 女性らしい/可愛い
  • 子どもっぽくなりすぎない

⇒難しい場合は、発想を転換⇒【相手や時期に左右されない服装】に!

相手や時期に左右されない服装

  • 流行やセンスに左右されない、昔からあるシンプルなシルエット、色のものを選ぶ

    (ジャケット、シャツ、台形orタイトスカート、ストレートパンツ、色なら白・黒・グレー・ネイビー・ブラウンなど)
  • 醜くなりがちな、色や柄が混ざる着方をしない
  • 色が単調になる、全身似たトーンのコーディネートをしない
  • 社内規定でOKなら、フェミニンなシルエットのものや 淡いパステルカラーのものも
  • 子どもっぽくなりすぎないよう、 上記の昔からあるシンプルなものを混ぜる

気を付けて!ついやってしまう失敗

色の薄いシャツから下着が透けてた


プライベートであまり色の薄い服を着ていないと、職場限定で着た時に、うっかり下着の形や色が透けてしまった、ということがあります。色の薄いシャツなどを着るときは、家を出る前に一度姿見や大きな鏡の前に立って、透けていないか確認しましょう。

ストッキングが伝線


女性特有の服装の悩みの一つにストッキングの伝線があります。通勤時はもちろん、職場でも意外と動きますので、おろしたてのストッキングがその日のうちに避ける、ということもありえます。毎日履く人は、日頃から鞄の中に予備のストッキングを入れておきましょう。

ヒールが高すぎて外反母趾に


これも女性特有の服装の悩みで、ヒールのある靴の履き過ぎで外反母趾など足の病気にかかることがあります。プライベートではヒールのない靴を履いていても、職場の規定上毎日履かなくてはいけないことになる可能性もありますから、そういった場合はできるだけヒールの低いものを選びましょう。また、慣れている人でも、業務に必要ない場合は、職場では3cmぐらいまでのヒールにしましょう。高すぎるヒールではとっさの動きが鈍くなり、仕事の邪魔になるためです。

セクシーな服装は実は男性にも不評!?

どこからがセクシーすぎるか、というのは個人差があります。但し、極端に短いスカートや胸元が大きく空いたシャツについては、男性の注意力を散漫化させる力がかなりあるため、実は一部の男性にも不評なのです。

「デイリー・メール」紙によると調査対象となった男性のうち、ほぼ3分の1にあたる32%の男性がホットパンツを、24%がミニスカートを目のやり場に困るという理由からか職場では着用禁止にすべきと回答したそうです。特に近年では、男性の方でも痴漢冤罪やセクハラ疑惑を警戒していますので、仕事中はできるだけ自重しましょう。

好感をもたれる女性の服装のポイント③清潔感がある

最後に、これまでにあえて挙げなかった、大前提のポイント【清潔感】についてです。

会社では大勢の人たちが一緒に過ごしており、その中で不潔な状態でいると周りに当然迷惑がかかってしまいます。長時間同じところにいる内勤などは特に、においだけでも相手の健康を害してしまいます。チェックポイントを押さえて清潔感を保ちましょう。

清潔感のポイント

  • 髪が散らばっていないか
  • 上着にほこりやフケが付いていないか
  • シャツなどに黄ばみが付いていないか
  • ジャケットやパンツに皺がついていないか
  • 鞄などの革製品がめくれていないか

ビジネスシーンでは、仕事がしやすく、周囲に好意的にみられて、清潔感のある服装で

ビジネスシーンでは、仕事がしやすく、周囲に好意的にみられて、清潔感のある服装を心がけましょう。仕事のしやすい服装は、それぞれの業種や職種によって違います。また、老若男女から良いと思われるように、NG服装は避けて、おしゃれに自信のないひとは、相手や時期に左右されないアイテムを身に付けましょう。女性特有のファッショントラブルに対しては、家に出る前に確認をしたり、もしもの時のグッズを用意しておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年6月27日ビジネス