仕事で雑用ばかりだと感じたときの気持ちの切り替え方

モチベーション

雑用ばかりでも仕事の基礎になると考える

Gf01a201503230100

雑用とはいえ、色々な作業があります。バリバリ仕事をしようと思っていたのに、想像していたのとは違った仕事内容だったり、仕事で雑用ばかりと感じる場合もあると思います。そんなときには、意欲をなくしてしまうこともあるでしょう。ただ、そのようなときには、たとえコピーやお茶出しなどの雑用ばかりであっても、これからの仕事の基礎となると考えましょう。

雑用も大切な仕事のプロセスであり無駄ではない

とはいえ、電話応対やコピー、お茶出しなどの雑用ばかりやっていても仕方がないと感じる場合もあるかもしれません。仕事のスキルがあがらないと感じる方もいるでしょう。しかし、たとえそのような簡単な雑用と思えるような仕事でも、大切な仕事のプロセスです。言ってみれば、会社にとっても自分にとっても、無駄なことなんてなにもないのです。仕事で雑用ばかりと感じるとき、それを思い出しましょう。

雑用ばかりのときは創意工夫で仕事振りをアピールする

このように、仕事で雑用ばかりと感じるときは誰にでもあると思います。あるときは資料作成だったり、上司の手伝いだったり、雑用ばかりしていると何をやっているんだろうと感じるかもしれません。ただ、誰でもできるとおもわれている雑用という仕事こそ、あなたの創意工夫によって、みんなと違うというところをアピールできるのです。たとえばコピーするにしても、見やすいようにファイルに整理しておくなど、いくらでもできますね。

雑用をしている姿を上司は見ている

このように、仕事で雑用ばかりと感じるときも、創意工夫が大切です。また、他人に評価されにくいような雑用という一見つまらなく感じる仕事であっても、どのようにモチベーションを高めてキープするか、我慢強い性格かどうかなどを上司に見られている場合があります。立派なビジネスマンになるためには、やはり誰でも最初は雑用などからはじめているものです。どんな雑用も楽しんでみましょう。

雑用も心を込めて丁寧にすれば立派な仕事になる

そもそも電話応対やコピー、お茶出しなどが「雑用」だと誰が決めたのでしょうか。これらの雑用と呼ばれているような作業であっても、心を込めて丁寧にすることができれば立派なひとつの仕事です。仕事で雑用ばかりと感じていたとしても、そのような小さな仕事のひとつひとつの積み重ねが、今後あなたが大きな仕事を任されるにあたっての考え方、および仕事のやりかたなどにつながっていくでしょう。

雑用ばかりのときはプラス思考で考える

仕事で雑用ばかりと、なんで私だけこんな雑用をしなくてはいけないんだろう、雑用なんてつまらない、などと考えてしまいます。マイナス思考で考えてばかりいると、会社に行くこと自体がつまらなく感じてしまうでしょう。しかし、そう思うから雑用がますますつまらなく面白くないものになっていくのです。誰でも、そのようなやる気のない人とは仕事はしたくないでしょう。今あなたが雑用と感じてしまっている作業にも深い意味があります。プラス思考で頑張れば「あなたが評価されるような仕事」に変えることも可能です。

雑用ばかりと感じたときは仕事の基礎だと考え創意工夫をして気持ちを切り替える

このように、仕事で雑用ばかりと感じたときの気持ちの切り替え方はいろいろとあります。周囲の先輩や上司の方々は、あなたが雑用をしている姿も見ています。しっかりこなすことができれば安心して仕事を任せることができる人だと思ってもらえるでしょう。きっと将来、その努力が報われるときがくるのです。将来のために頑張ってみましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職