注意メールの文例と簡潔に伝えるポイント

2016年12月7日注意メール

注意メールは具体的かつ簡潔に書く

Light bulb 1246043 960 720

注意メールとは、ミスに対して注意を促すメールです。この注意メールを書く際は以下の点を意識してみてください。

・数字を用いて具体的に書く

発生件数や損害費がわかるなら、その数字を盛り込んだ内容で作成しましょう。

・過去の事例を出す

繰り返しミスが起こっているのなら、過去の事例も出して、改善されていないことを伝えましょう。

・改善策を出す

二度と起こらないよう、改善策を思いついた場合は一緒に書くようにしましょう。

厳しい言い回しも時には必要

ミスによる被害が大きい場合は、厳しい言葉を使うのも必要です。

「このようなことは仕方ないでは済まされないことです」や規則に違反するのなら「会社規定に違反するためしかるべき措置も検討せざるを得ません」など、ことの重大さを理解させましょう。

ただし、大きなミスでないのならそこまで厳しい言い回しにする必要はありません。ミスの大きさと釣り合わないような言葉を使うと、忌み嫌われてしまうので注意しましょう。

注意メールは数字や過去の例を持ち出し具体的かつ簡潔に書くことと時には厳しい言葉を用いよう!

注意メールを書く際は、数字や過去の例などを出しつつ具体的に書くとことの重大さが伝わりやすくなります。これらを簡潔に書くようにしてみましょう。

また、時には厳しい言葉も必要です。ミスが大きければ大きいほど、それに比例して厳しい言葉を使うようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月7日ビジネス

Posted by BiZPARK