新入社員が抑えるべき休職届や休職願の書き方と理由

休職届, 休職願, 新入社員

新入社員はまず「休職」を知っておこう

082

休職とは、個人的な事情で会社に籍を置いたまま仕事を長期的に休む事を言いますが、その分だけ周りの人に迷惑を掛けてしまうかもしれないと考えなければなりません。

少しでも残された他の社員に迷惑をかけるないように、早めの行動を心がけるのが大切です。

休職届を利用する新入社員はあまりないため、休職願を出す際に、どうすればいいのか結構迷うものです。

休職届や休職願は書く前に必ず相談

最近ではうつ病だけでなく、海外留学そして自己啓発のためなどに休職する人も増えていますが、書き方のポイントは、休職期間、休職の理由、説明できる資料の提出や休職中の連絡先を求められますが、その時に相談すれば対応できるはずです。

自分の判断だけで書くのは、新入社員でなくてもやってはいけません。

休職届や休職願を提出する際の注意点

新入社員は休職届を提出する時に、どうすればいいのか迷ってしまうかもしれません。

まず明確にするのは、休職期間はどれくらい必要なのかという点です。

会社によっては、専用の用紙を準備しているところもありますので、新入社員は休職願を出す前に、これらを確認しておく必要があります。

そして休職するなら早め早めの行動を取るのが大切です。行動が遅れればその分周りに迷惑がかかります。

数字などの誤記入に注意

休職届や休職願の記入を終えたら再度チェックします。特に数字などの誤記入はよくあることですので、注意する必要があります。

そして新入社員は、長期の休職となる場合には前もって上司と相談することも必要です。

休職届や休職願は会社の規則により届出が義務づけられているものですが、社員の勤務状態を把握するために利用するものですので、誤記入にはくれぐれも注意することが必要です。

休職届や休職願の書き方のポイント

031

休職届や休職願を書く機会はそうそうありませんが、いつ休職を必要とするかはわかりません。

ですのでこれらは覚えておいて損はないのです。

休職届や休職願は事実を伝える文書ですので、誤字脱字があってはなりません。

その為、細心の注意を払う必要があります。

また、理由は具体的に記入する必要がありますので、必要に応じて事実確認のための書類を添付することも必要となります。

休職届は一度確認しておくことも必要

新入社員の内から休職のことを考えるのもどうかと考えられがちですが、届出を受ける会社は何かと大変です。

スムーズに手続きができるように一度は、確認しておくことも必要です。

場合によっては、給与や手当て等の計算が必要な「休職書」もありますので、一度は記入する練習をしてみてもいいはずです。

新入社員は休職届にはうつ病などの理由を明確にし誤字脱字のない書き方を!

今回は、新入社員と休職届や休職願に関して説明してきましたがいかがでしたでしょうか。新入社員が色々な理由で休職したくて休職届出す、そういうのはまだ早いと思う人もいるはずですが、いつ何時必要となる時期が来るかどうかわからないので、その時になって戸惑うことのないように、一度は専用の用紙があるかなど書き方も確認しておくことをお勧めします。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2019年8月6日転職