就社と就職の意味の違いについて

2019年8月2日就社

就社とは?

Hand 427509 640

就社と就職の意味の違いについてみていきましょう。はじめに就社の言葉の意味をご説明します。はたして、就社にはどういう意味があるのでしょうか?社会人になる前に知っておきましょう。

就社とは「会社に就く」という意味

就社とは、「会社に就職する」という考え方です。簡単に言いますと、大企業に入り「安定した暮らし」「社会人として泰の将来」を手に入れるという、仕事内容ではなく「会社重視」の考え方になります。

仕事内容よりも会社のネームバリューや安定感を重視

就社という考え方の場合、仕事の内容とか自分に合っている、またはやりたい職に就くのではありません。その会社のネームバリューであったり、漠然と公務員は安定しているからと、公務員になったり、その会社に依存した考えで職に就くということになります。

就職とは?

就社の意味や考え方はおわかりになりましたでしょうか。続いて、「就職」についてです。就職の意味を理解することで意味の違いがみえてくるはずです。

就職とは「職」に就くという意味

就職は、「安定した暮らし」「安泰の将来」という根本的なところは就社と一緒ではありますが、会社ではなく、職種に重きをおいた考え方になります。

職の経験によって安定した未来を手にするという考え方

この職を経験することで、「仕事に困ることはないから安定した暮らしができる」や、「社会人として安泰の将来を手にすることが出来る」という職種に依存した考え方になります。

就社と就職は同じような意味にも思えますが、まったく異なる意味を持つ言葉なのです。

就社と就職の意味の違いから見えるものとは?

就社と就職の意味の違いについてみてきました。会社に就くのか、職に就くのかの違いがありましたね。

では、就社と就職の意味の違いが見えてくると、就活の何がみえてくるのでしょうか。

Day planner 828611 640

仕事の目標や働く意義が見えてくる!

自分が就社重視か就職重視かがわかると、目標や働く意義が見えてくるかもしれません。ネームバリューで会社を選ぶことは決して悪いことではありません。むしろモチベーションの維持につながる可能性があります。

就社重視か就職重視かで、就活は変わってきます。自分は就社と就職のどちらを重視し、長い社会人生活を歩んでいくのか、よく考えましょう。

就社は「会社に就く」・就職は「職に就く」という意味がある

就社と就職の意味の違いについて紹介してきましたが、就社と就職の意味の違いはしっかりと把握できましたか?

就社と就職の意味の違いについてみてきました。就社と就職のどちらが正解か決まっていません。自分がどちらを重視するかで、就社と就職が決まります。仕事の目標や働く意義が見えてくるのかもしれません。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2019年8月2日転職

Posted by BiZPARK