液化石油ガス設備士として活躍する人の年収事情

2016年11月29日液化石油ガス設備士

液化石油ガス設備士はガスの設備工事のエキスパート

Mask 469217 960 720

液化石油ガス設備士の国家資格は、このガスの設備工事におけるエキスパートに対して与えられるものとなっています。液化石油ガスの設備工事を行う上では、液化石油ガス設備士の存在が必要なのです。また、液化石油ガス設備士として働き、地域社会に貢献していくのを目的とする場合、資格を取得する必要性があるといえるでしょう。

LPガスなどの設備や変更工事が主な仕事

液化石油ガス設備士の主な仕事内容としては、LPガスなどの設備や変更工事になります。一般家庭のものを扱うため、ミスは許されません。したがって、液化石油ガス設備士になる方には、慎重さや集中力、注意力が必要といえるでしょう。また、液化石油ガス設備士の資格を取得したあとも、技術や知識のスキルアップは大変重要です。勉強家であるのも、大切な要素といえるでしょう。

液化石油ガス設備士の仕事は資格を取らなければできない

ガスの置き換えには、工事がどうしても必要です。しかし、その工事は液化石油ガス設備士にしかできないものとなっています。したがって、液化石油ガス設備士の資格を持っていれば、就職には大変有利になるといえるでしょう。

資格のニーズは非常に高い

液化石油ガス設備士の資格取得者は、年々少なくなっているのが現状です。しかし、液化石油ガス設備士の仕事は資格保有者にしかできません。つまり、ニーズはとても高いのです。したがって、興味がある方が液化石油ガス設備士の資格を取得するのは、とても賢い選択だといえるでしょう。では、そんな液化石油ガス設備士の年収事情を、見ていきたいと思います。

液化石油ガス設備士の平均年収は600~800万円

そんな液化石油ガス設備士の平均年収は、比較的高めです。液化石油ガス設備士の平均年収は、600~800万円と言われています。企業によっては、資格手当がつくところもあるようです。また、夜間に出勤したら、その分の手当ても支給されます。年収はもちろん、待遇もしっかりしているのが特徴と言えるでしょう。

年収や手当からみても安定した職業といえる

液化石油ガス設備士としてガス関連の企業で働く場合、同程度の年収が得られる可能性があります。従って、一般的な会社員の平均年収を踏まえれば、相当に高い年収を期待できるでしょう。もちろん、働く企業によっては、より高い年収が見込めるケースもあります。しかし全体的に見て、年収は安定している職業だといえるでしょう。

LPガスなどの設備や変更工事が主な仕事である液化石油ガス設備士の年収は約600~800万円

液化石油ガス設備士として活躍する人の年収事情について見てきました。いかがでしたか?ガス燃料は日本にとって、必要不可欠なエネルギーとなっています。そのため、液化石油ガス設備士の重要性も高いといえるでしょう。そのため、ガスの設備工事に一定以上の関心があるという場合は、液化石油ガス設備士を目指すのに大きな意義を見出せます。また、液化石油ガス設備士の年収は平均して600~800万円の企業が多いです。資格手当も付くところがあるため、非常に安定した職業だといえるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職

Posted by BiZPARK