造園士になる為の志望動機の書き方の例文とポイント

2017年7月10日造園士

造園士の仕事とは

Gerbera 700316 640

造園士になるための志望動機を考える前に、どんな仕事なのかを確認しておきましょう。造園士に出会う機会は、自宅に大きな庭がある場合や日本庭園に散歩しに行った時くらいです。日常的に造園業者に会う機会は限られていますよね。まずは、志望動機の書き方を知る前に普段あまり表に出て来ない造園士がどんな仕事をしているのか理解しましょう。

造園士は庭木を管理して住みやすい環境を作る

造園士の仕事の幅は多岐にわたります。造園士は、学校や商業ビルなどの公共施設、街路樹、個人宅の庭などの手入れをして、人々が暮らしやすいような環境作りに勤めているのです。

具体的な仕事内容は?

では、造園士の具体的な仕事内容とはどんなものでしょうか。

・庭や街路樹の剪定と伐採。伸び放題の木を整えて暮らしやすい環境を作る。

・庭の草取りをして、害虫の発生を防ぐ。

・草木の消毒を行い、害虫の発生を防ぐ。

・お客様の意向を元に造園を行う。

・外構工事をして済みやすく環境を整える。

・エクステリアフラワーアレンジメントの依頼も受注。生活を華やかに。

・力仕事がメイン。害虫の遭遇も。

造園士は屋外での作業がほとんどです。時には大変な力仕事もあります。泥にまみれての土をいじり続けなければならず、害虫との遭遇もあります。なので、本当に植物や造園が好きな人でなくては難しいかもしれません。しかし、造園士は荒れ放題の庭をよみがえらせ、フラワーアレンジメントで生活を彩る、人を喜ばせる仕事です。

造園士に向いているのはどんな人なのか

仕事を知った上で、志望動機の書き方を知りたいもの。でもその前に、実際に造園士に向いている人はどんな人なのでしょうか。一概にこういう人だとは言えませんので、書き方として参考になる点をリストにしました。

・植物を育てるのが好きなことは造園する上で必要不可欠です。

・色彩や、デザイン感覚に優れていれば、仕事の幅が広がります。

・忍耐強く、体力があれば造園の際に重宝がられます。

・感受性が優れていれば、美しい造園を作るのにもってこいです。

意外と体力が必要です。華やかな場面だけでないことを認識した上で、造園士を目指すようにしましょう。

造園士になるには

昔の造園士は師匠に弟子入りして仕事を覚えたものです。しかし、今は職業訓練校や専門学校で学び資格を取得して、最終的に造園会社に就職してするのが一般的なケースです。ただし会社に入ってから、資格を習得して造園士になることも出来ます。体力と本当に造園士になりたいという気持ちと書き方さえ知っていれば、誰だって目指せます。

造園士の志望動機の書き方の例①

Calendula 185322 640

では実際に、造園士として就職する際の志望動機の一例を見て行きましょう。

造園だけでなく、エコビジネスにも取り組んでいる点を理解した志望動機です。志望動機は会社の事業内容をよく理解して作りましょう。それが、造園士の志望動機の書き方のコツです。

造園士の志望動機①

昨今、環境問題が取り上げられる中で、造園とは人と緑が関わる事の出来る空間を作り出す分野だと考えております。都市開発が進む中、「どうすれば人々が快適に過ごせる空間をいかに作れるのか」を考えました。そこで、御社の「緑化空間が済みやすい生活を作る」をいう理念に共感し、造園・緑化事業だけでなくエコビジネスにも分野を広げている点に興味があり志望いたしました。

造園士の志望動機の書き方の例②

次は未経験者の志望動機です。

未経験の方は「やる気」「自分の長所」「造園士をどうとらえているのか」を志望動機にしっかり盛り込むことが大事です。書き方のコツをしっかりと踏まえた志望動機です。

造園士の志望動機②

もともと緑が好きで、家の庭木に手を加えるのが趣味です。以前、○○というイベントの造園士の○○という庭を見て、大変感銘を受け目指したいと考えました。造園士の毎回現場が変わるという新鮮さや、緑に直接関わることで人々の暮らしを変える社会貢献度の高い造園業という職種に魅力を感じております。前職の○○で培った体力と粘り強さには自信があり、これを活かして人々の暮らしを緑で彩り変えて行きたいと考えております。

造園士になるための志望動機の書き方は「仕事への理解」「体力への自信」を盛り込むこと

造園士になるための志望動機の書き方の例文とポイントを見てきました。造園士は、住みやすい環境のために、花や木を管理する職業です。造園士になりたいのであれば、その志望動機には、仕事への理解と体力への自身を盛り込みましょう。また、例文はあくまで参考として捉え、オリジナルのものを作っていけるとより採用に近づけるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年7月10日転職

Posted by BiZPARK