カラーコーディネーターが活かせる仕事と取得する利点

2017年1月16日カラーコーディネーター

カラーコーディネーターは色に興味がある人におすすめ

Pen 581881 1920

仕事に就くには、「カラーコーディネーター検定」の試験に合格する必要があります。色に興味のある人なら、ぜひ挑戦してほしい資格です。オフィスや自宅、ショップ、テレビや雑誌、さらにインターネットにも色は溢れています。時には世の中が流行色に反映されたり、流行りの色がデザイナーによって生み出されたりして、色の組み合わせによる楽しみ方は様々です。

カラーコーディネーター検定では生きた色彩が学べる

このように幅広い仕事に役立つカラーコーディネーターですが、生きた色彩の知識を学べる検定試験になっています。色のもつ性質や特性など、色彩の知識を身に付けて、それぞれの色の持つ効果をその場のシーンに活かす技術を学びます。カラーコーディネーターを取得して、仕事に役立つ色彩の知識を学ぶことができるのです。

カラーコーディネーターが活躍できるのはデザイナーなど

アパレル業界で仕事をしている人が多いカラーコーディネーターです。資格を持っている人は、デザイナーはもちろんですが、アパレル業界においても色彩についての知識やセンスを活かして、そのお店が求めるポジションについています。また、販売業界においても、洋服を売る店舗、さらにはインテリア業界(インテリアコーディネーターなど)でも、カラーコーディネーターとして仕事をしているのです。

仕事では色に関する顧客などの要望に応えられる

カラーコーディネーターとしての仕事は、企業では企画・開発部門においても役に立つ資格です。お店の中で商品を引き立たせる並べ方や、それを効果的に照らす照明の色や明るさや誘導表示の色など、顧客から仕事の依頼を受けて、相談する時にも適切なアドバイスを送ることができます。色の関する基礎知識を活かして、顧客からの要望に対して応えられるのです。

仕事の幅を広げる意味でも取得すると良い

自分の仕事の幅を広げたいという意味で、カラーコーディネーターの資格を取って活かすのもいいでしょう。会社の中で、人にはないスキルを身に付けようとしたり、今までの自分と違う姿を求めようとしたりする時に、カラーコーディネーターが有効に働くはずです。色を活用して、今までにない接客ができたり、仕事においての提案の幅が広がったりとビジネスの場で大いに活用できる知識となります。

認定講師にもなれる可能性がある

また、カラーコーディネーター検定試験では、コーディネーターとして十分な知識と技能、指導力を持っていれば、その人を認定する「認定講師制度」もあるのです。認定講師として認められると、企業や自治体、さらに学校からも仕事の依頼があります。信用と信頼のある、東京商工会議所認定の資格制度へチャレンジしてください。

カラーコーディネーターが活かせるのはデザイナーなどで仕事の幅を広げる意味でも取得するべき

いかがでしょうか。カラーコーディネーターのテリトリーは、このように幅広いのです。フラワー業界に就職をしている方もいます。自然の色の綺麗な花をコーディネートする、素敵な仕事です。企業でも、新しい商品開発やサービスを展開する時に、カラーコーディネーターのアドバイスを求めてくるケースが多いのです。将来の仕事を頭において、計画的にカラーコーディネーターを取得するのをおすすめします。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK