航空整備士になる方法とおすすめの勉強法

2016年11月29日航空整備士

航空整備士の試験を受けるには最低3年の実務経験が必要

Airport 1105980 1280

航空整備士になるには、試験に合格しなくてはいけません。受験資格があるので、そちらを確認しておきましょう。二等航空整備士は3年以上の実務経験、一等航空整備士は4年以上が必要です。また、年齢制限もあるのでこちらも確認しましょう。試験では実務経験や専門の知識が問われるので、その問題を解ける勉強法が必要です。まずは航空整備士になる方法を確認していきましょう。

航空従事者養成施設を卒業すると受験資格が得られる

航空整備士を目指すなら、国が認めた航空従事者養成施設に入ると良いでしょう。この養成施設を卒業すれば、受験資格は満たされます。それだけでなく、在学中に航空整備士を目指すための効率的な勉強法も教えてもらえるでしょう。実務に必要な勉強だけでなく、対策も行います。入学すれば、効率的な勉強法がわかるはずです。

航空会社で実務経験を積む方法は効率が悪い

航空整備士の養成学校に入れない方は、航空会社で3~4年の実務経験を積む必要があります。しかし、これはあまりおすすめしません。まず航空会社への就職は簡単ではなく、養成学校での勉強法や受験資格を得る方法の方が効率的だと言えます。航空整備士を目指すほとんどの方が学校を出ている傾向があるので、そちらで効果的な勉強法を知って目指す方が良いでしょう。

航空整備士を目指すなら理数系の基礎を固める勉強法が大切

航空整備士の試験では様々な知識が問われますが、理数系の知識に対する勉強法が必要となります。理数系には数字や物理が苦手な人は、もし資格が取得できても仕事で困るでしょう。それほど理数系の知識は航空整備士にとって重要です。理数系の基礎を固める勉強法を行いましょう。

ある程度英語で会話できるだけの語学力が必要

航空整備士の勉強法としては、理数系の加えて英語の勉強も必要不可欠です。航空整備士にも運搬整備や機体整備などの種類がありますが、パイロットと話を擦る時には英語で話す場合があります。また海外から輸入した航空機の取説はもちろん英語なので、専門知識を含めて英語の勉強法が重要となってくるでしょう。英語である程度の会話ができるくらいの勉強法が必要となります。また、専門の知識についても英語で理解できるような勉強法もしておきましょう。できるだけ早くから英語に慣れ親しんでおくことをおすすめします。

航空整備士の仕事にはコミュニケーション能力が重要

航空整備士になるには、かなり広い範囲の勉強が必要とされます。機械系知識として理数系の知識、英語だけでなく、コミュニケーション力も重要となるでしょう。航空整備士の仕事では、パイロットや他の整備士と連携しなくてはいけません。飛行機安全にフライトできる状態に整備するには、コミュニケーション能力も重要となるのです。

航空整備士を目指すなら養成学校に入学して理数系の基礎や英語会話を習得する勉強法が必要

航空整備士を目指すなら、養成学校に入学して受験資格を得ると良いでしょう。養成学校では試験対策など、効率的な勉強法がわかるはずです。そして、試験や実務では理数系の知識や英語が必要となるので、それらの基礎を固める勉強法を行いましょう。また、英語でやり取りする場合があるので、会話できるほどの語学力が必要です。効率的な勉強法で航空整備士を目指しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職

Posted by BiZPARK