自動車整備士免許を取得するのに必要な要素と試験内容

2018年1月30日自動車整備士

自動車整備士免許は車の整備知識がある人に与えられる

Mechanic 1106774 1920

ではまずは、自動車整備士とはいったいどんなものかについて、見ていきましょう。自動車整備士はその名の通り、自動車の整備をする知識が一定水準を超えている者にのみ与えられる免許となっています。次の項ではそんな自転車整備士の免許を取得後にどんな就職先に行くのか、そしてどんな仕事をするのか見て行きたいと思います。

ディーラーやバイク屋さんなどで働くのが一般的

自動車整備士免許取得後の就職先などについて見て行きたいと思います。まずは就職先ですが、自動車整備士の資格取得者は、基本的にディーラーやバイク屋さんなどで働きます。そして仕事内容についてですが、自動車やオートバイの整備や点検などの検査を行うのが仕事です。次の項では、受験資格などについて見て行きます。

自動車整備士免許の取得には実務経験や学校の卒業が必要

では国土交通省が発表する受験資格に就いて確認しましょう。自動車整備士の免許の受験資格としては、自動車整備工場で実務経験を何年も積まなくてはいけなかったり、そういった専門の学校へ通わなかったりしなければいけません。

自動車整備士免許の試験は学科と実技で2回ずつ

自動車整備士免許の、受験案内について見て行きます。願書申込み受付期間は、検定試験が5月上旬頃の10日間ほど、登録試験が8月上旬頃の5日間ほどと、1月中旬~下旬頃の5日間ほどです。次に日程ですが、検定試験の学科が7月下旬頃、実技が9月上旬頃です。登録試験の学科が10月上旬頃、3月下旬頃の年2回、実技が1月中旬頃、8月下旬頃の年2回となっています。

自動車整備士免許試験では点検や修理について問われる

自動車整備士の免許の試験内容について見ていきましょう。自動車整備士の試験は学科試験と実技試験に分かれており、構造、機能及び取扱法・点検、修理、調整及び完成検査の方法・点検、分解、組立て、調整及び完成検査・保安基準その他の自動車の整備に関する法規などについて問われます。

自動車整備士免許試験の合格率はどの級も高め

では最後に、自動車整備士免許試験の合格率について見て行きます。なかなか難しそうな免許ではありますが、意外とそんな事もありません。自動車整備士によると、自動車整備士免許の合格率は1級筆記が97.7%、2級が97~100%、3級が95~97%です。勉強さえきちんと真面目にして試験を受ければ、だいたいの方が取得できるようになっています。

自動車整備士免許の取得には実務などが必要で合格率の高い試験内容では点検や修理などが問われる

自動車整備士免許を取得するのに必要な要素と試験内容について見ていきました。自動車整備士というのは、自動車やオートバイに乗る方にとっては必要不可欠な職業です。自動車やオートバイが好きでたまらない方は、是非この自動車整備士の免許を取得してみてはいかがでしょうか。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2018年1月30日ビジネス

Posted by BiZPARK