企画営業とはどんな仕事?その内容と魅力【アカウントプランナー】

アカウントプランナー, 企画営業

企画営業とは何か?

Gf01a201502090800

企画営業という言葉を聞いた事がありますか?今回はこの企画営業ってどんな仕事?といった部分もしっかり説明していきます。現在、実際に「企画営業ってどんな仕事?」と頭を抱えている人も、これを機に理解してみてはいかがでしょうか。

「企画営業ってどんな仕事」と疑問に思う人は多い

そもそも、企画営業ってどんな仕事?と思うのは自分だけなのか。そんなことはありません。最近の求人広告等では、企画営業という職種も増えてきているように感じられますよね。しかし、企画営業ってどんな仕事?分かるようで意外と分からないのが、この「企画営業ってどんな仕事?」という疑問に対する答えです。

このように企画営業ってどんな仕事?と感じている人は案外多いもの。ですから、今回は「企画営業ってどんな仕事?」という疑問の解消から始めましょう。

企画営業とは商品+企画を売る仕事

わかりやすく簡潔に企画営業について説明していきます。企画営業とは何か、企画営業ってどんな仕事?その問いに対するシンプルな回答を用意するならば、市場と創造性が雑然とならないように全体の整合性を調整しながら、反響・売上向上を「導く」作業、という結論が出ます。こういった要素を多分に含む業務や部署を全般的に「企画営業(企画提案営業)」としています。

従来の営業そのものは守りに近い「ルーティン業務」が自ずと多くなるのに対し、企画営業とはルーティン業務だけでなく「新たな市場をターゲットにし、提案力をフル活用して客層を掴む新規開拓」がその業務と言えますね。つまり企画営業とは本来の営業活動の枠を超えて、更に新しい発想での市場に対するアプローチをはかる仕事です。

アカウントプランナーと呼ぶこともある

企画営業とは何かを語る上で、欠かせない言葉があります。それは、アカウントプランナーという言葉です。企画営業とは?という問いに出会ったら、アカウントプランナーという職務についても理解した方がいいでしょう。実は今回ご紹介する企画営業とは、1990年代広告業界が華やかなりし頃に持てはやされた「アカウントプランナー」という職務から発生していると考えられているのです。

ですから、企画営業とはアカウントプランナーである、という説明も成立します。ちなみにアカウントプランナーとは「クライアントの求めに合致したプロモーション活動の提案、成果を示すもの」と説明されます。

営業と企画営業(企画提案営業)の違いとは

Imasia 12335297 m

企画営業には「営業」というワードが含まれていますが、営業と企画営業とは異なるものなのでしょうか?企画営業ってどんな仕事?と聞かれれば、企画と営業を行う仕事、とも言えそうですが…営業を企画営業とはどう違うのか、その概要を理解しましょう。営業と企画営業とはどう違うのか考えるならば、次のように言えますね。

ざっくりと見て、自身の業績アップを重点的に図る立ち位置なのか、社会全体の方針をともなう戦略を練る立ち位置なのか、といった分類方法考えられます。前者が「営業」で、後者が「企画営業(企画提案営業)」と言っても構わないでしょう。

マーケティング的な視点を持つかどうか

また、企画営業にはマーケティング要素が含まれています。マーケティングとは、「顧客に価値を届ける仕事」です。マーケティングは「分析」「戦略」「プロモーション」といった役割が強いので、そのあたりを計画的・論理的に行わないと効果はほとんど出ません。

企画営業とは、こういった視点がより深く求められる仕事なのです。視点を身につけないと、魅力的な企画提案できませんよ。

提案するだけで終わらせない

従来の営業は、いわば御用聞きのような役割でも十分にその職務を果たせていました。ところが、それだけで終わらせないのが企画営業(アカウントプランナー)なのです。企画営業とは、企画提案する前の分析、企画提案した後の戦略など、長期的な責任が伴う仕事だとおさえておいてください。

営業と企画営業の境目がなくなってきている

企画営業に限らず会社独自の職種を設けていたり、一般的に認知されている職種であってもその内容は会社によって違ったりすることが往々にしてあります。実際、営業と企画営業とは、会社によって厳密な住み分けがあるとは考えにくいものが多くなってきています。広告業界やIT関連などに関しては、アカウントプランナーという職種が現存し、厳密に分けられている場合が多いのですが、それ以外では営業成績をアップさせるのにイマジネーションの入る余地があれば「企画営業」と銘打つ傾向にあるのが実情です。

そのため「企画」という言葉に過度に反応すると、いざ入社した後に「ただの営業だった」ということが起こり得ます。アカウントプランナーや企画営業に就きたい人は、自分が求めている企画営業とは何かを意識した上で、検討してみてください。

企画営業に必要なものとは何か?

Iphone 410316640

企画営業の仕事をするにあたってはこれから述べることが必要になってきます。それは一体どういうことなのでしょうか。企画営業がどのようなものなのか見てみましょう。

ただの営業だけで終わらない提案力と努力

企画営業(アカウントプランナー)は、営業・マーケティング・企画・広報・宣伝などの業務経験者を優遇する傾向にはありますが、必ずしも成績に反映するとは限りません。そういった点から、業務経験は「一つの目安」としているだけとも考えられます。

それだけ実力社会でもありますから、成績を伸ばすために自分自身に対して行う何かしらの努力が成績に反映され、評価に結びつくというものと考えられます。つまり、提案する能力「提案力」が求められます

企画提案するだけの発想力

しかし、机上の作業とはいえ「自分自身の発想を、数字的根拠とともに説得力のある企画書にするまでの能力」はかなり高い評価を得るものです。つまり、アカウントプランナーには企画提案するだけの発想力が求められるのです。どのような企画を立案し、どれほどの効果・業績を残したかといったものをデータとして保有する能力があれば、アカウントプランナーとして重宝され、さらなるスキルアップにも役立つでしょう。

企画提案には発想力が要ります。いかに自分をプレゼンテーション出来る材料を持っているか、つまり発想力があるかどうということが、勝負どころになります。

企画営業とはどんな魅力があるか

Woman 467708 640

「企画営業(アカウントプランナー)」には、「提案営業」や「コンサル営業」などの似たような呼び方が世の中にたくさんあります。ここで重要なのは、呼び方がどうであれ単に「提案型の営業」をするだけではなく、もっと深いところまでお客さまと接しなければならないという事です。

売るだけではない

企画営業(アカウントプランナー)はただの提案型の営業ではありませんから、広い視点・長期的な視点が求められます。それは、自分自身の成長にも大きく関わってくる部分でしょう。したがって、売るだけにとどまらない業務内容が、自らのステップアップにつながるのが、企画営業(アカウントプランナー)の魅力といえます。

既定の概念にとらわれない

アカウントプランナーは、地元の小さなお店から、中小企業・上場企業まで幅広く様々な業種・規模のお客さまと関わります。そして主に新規受注のためのソリューション提案を行っていきます。ですから、常に既定概念を超えた発想が求められるのが一般的です。これは、もちろん大変な部分でもありますが、それ以上に「魅力」として受け取られる場面の方が多いようです。

企画営業とは単なる提案ではなく、広く深い視点が求めらる「アカウントプランナー」のこと!

企画営業とは学生に人気に職種の一つですが、いまだに企画営業ってどんな仕事?と疑問に感じる人もいるでしょう。今回はそんな「企画営業ってどんな仕事?」に対する問いに対する答えをご紹介しましたが、いかがでしたか?ただの企画提案におさまらない、広く深い視点が求められるのが分かりましたね。

自分がやりたかった企画営業(アカウントプランナー)に就けたものの、思い描いていた仕事とは違う…そのようなことがないように面接や会社説明会できちんと話をきくようにしまっしょう。又、学生ですと自分が働いているイメージが激しく華やかで活動的な自分を思い描いてしまう人もいます、そして現実のギャップとの狭間で苦悶する人も出てきます。そうならない為にもきちんとその仕事がその会社ではどのよなことをやるのか調べる必要があるのです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年10月20日転職