【Iターン・Uターン】転職先が遠い企業での面接で気をつけておくべきこと

Iターン, Uターン

IターンやUターンの転職活動では面接調整を気をつけよう

企業が遠い場合には、何度も面接に気軽な気持ちでいくというのはなかなか難しいところ。

ですので、面接調整には注意が必要です。

できれば土日など、休みがあり余裕のある日に希望しましょう!!

また、場所によっては交通機関を予約するなどの準備も必要になるのでうまくスケジュールを調整しないと面接に行けません。通常面接は希望する会社が稼働している平日に行われることになりますが、今まだ働いている会社があると休みは土日しかなく、面接日を土日に希望したいところです。

平日に連日面接日程が重なると、なかなか有給休暇も取りずらいのが困りものです。

面接日の前後が業務が重なっている場合はうまく仕事を調整して、スケジュールをうまく開ける必要があります。

IターンやUターン先の交通情報もしっかり調べてからスケジュールをたてないと思ったより混んでたなどで面接時間に間に合わないというトラブルが発生する可能性もあります。

面接にいくたびに費用が発生する問題

当然ながら、面接には企業の指定した場所または、本社や支社まで、行かなければ面接はできませんよね。

そこで、問題として上がってくるのが、交通費ということになります。

基本的には自己負担だと思っておきましょう

IターンやUターンの転職の面接で一回で終わって内定が取れれば損した気分にはならないと思いますが、内定をもらえなかったので再度別の企業に応募したり、面接をクリアできても再度二次面接などがある場合はそのたびにかかる交通費がネックになります。

遠ければ遠いほどその金額は上がります。基本的に発生する交通費は自己負担ですが、企業側が負担してくれる場合もありますがこの場合はほぼ内定が決まる状態での面接の時のことが多いです。

しかし遠く離れた地からの転職なのですから、なるべく入社前には何度か会社を訪れて雰囲気を知ることはいいことです。

地元の情報は入りずらいですし、地域によって同じ業種でも雰囲気などが違う場合がありますからあとで思っていた雰囲気と違ったとならないように知っておくとよいでしょう。

面接の準備を怠らないように入念しておく

採用面接を受ける際の、基本中の基本ですが、当然しっかりとした準備が必要です。近郊の企業の面接とは違います、かなり準備しておきましょう

いつも以上に準備をしたほうがいい

転職先が遠い企業の面接の場合には、入念に準備をしたほうがいいです。当然ながら面接の事前準備では、企業研究や質問の回答を考えたたりすると思いますが、企業が遠い場合には、より入念準備をしておい他方がいいかの理由になりますが、その企業のある街の地理や交通機関など、遠いということはあまり詳しくなく道に迷ったり、もしく乗り物に酔ってしまって気分が優れないなんてことも可能性としてあります。

そんなときに、現地で面接の準備の仕上げをしておけばいいと怠っていたら結局、準備も不十分で面接に臨んでしまって、あまりアピールできなかったなんてこともありえますので、しっかりと準備はしておきましょう。

転職先が遠い企業での面接で気をつけておくべきことまとめ

IターンやUターンの転職活動はスケジュール調整や交通費など色々と大変なことが多いです。環境も変わるので不安が生じるのも無理はありません。

しかし、早くその状況になれるためにも何度か足を運んでみることは悪いことではないのです。

環境にもなれ生活を安定させるためにうまく自分で調整していきましょう。

合わせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年7月26日転職