面接日程が合わないと不利?在職中の転職活動の注意点3つ

仕事探し

在職中の転職活動は面接日を遅らせると不利になる?

Thinking 277071 640

在職中の転職活動で一番困るのは、応募先から面接日程の連絡があったのに、仕事の関係でどうしてもその日は行けそうにないという時。しかし、貴重な面接の機会を先延ばしにしてしまっては、転職活動そのものが長引いてしまう結果となります。

転職活動で、在職中である事を理由に日程調整をお願いしたら、選考が不利になってしまうのでしょうか。どうしても日程が合わない、なんて時に備えて、どうすればいいのか見ておくべきです。

理由がない場合は不利になる覚悟を持つべき

きちんとした理由がないのであれば、日程調整のお願いは不利になると考えておいた方がよいでしょう。小さくてもリスクがあることを考慮したうえで、どうするか判断するようにしましょう。

企業側はすぐ動ける人材に惹かれる傾向がある

在職中の人の中には、出張や繁忙期などでどうしても面接の時間が確保できず、 面接の案内をもらってから、 2週間後や3週間後に遅らせようとする方もいます。

しかし、採用担当者としては、 どうしても早く面接できる人を、優先的に採用しようとする心理が働きます。在職中で面接の日程が何週間も後になる方については、 おのずと採用担当者の中での優先順位が下がってしまうのです。

なかなか都合が合わない場合も、早く動けた方が良いという意識は忘れずに持っておきましょう。

面接の日程が合わない時、"一度"なら変更できる

転職活動での在職中の日程調整を先延ばしにすることは、理由がきちんとしていれば、マイナスにつながることはありません。ただ、選考のステップが遅れてるという点では、やや不利になることはあるかもしれませんが、在職中だからといって、採用に直接影響することは基本的にありません。

在職中の業務により仕方がない場合といえども、事情はしっかりと説明しましょう。その際、丁寧に謝罪することも忘れてはなりません。ただし、日程変更は原則一度まで。繰り返すとスケジュール管理能力を疑われかねません。一回目で都合が合わない場合は、次の日程調整を慎重かつ正確に行ってくださいね。

面接の日程調整で2度以上遅らせるリスクは↓

■一度決めた日程を何度も変更すると心証を悪くしてしまうリスク

■日程が遅くなった場合、先に採用定員がいっぱいになってしまうリスク

このようなリスクが出てくるため、在職中の転職活動だとしても、日程変更は一度のみにしましょう。二度以上の日程変更は、原則避けてください。

在職中の仕事と転職先の面接の優先度を考えるべし

長い目で見たら現在の在職中の仕事と転職活動のどちらに重点をおくべきかはご自身で判断できるかと思います。その辺りを考えて、面接の日程調整をするようにしましょう。

在職中の転職活動で面接の日程調整・変更する際の注意点

Tie 690084 640

在職中だと、どうしても都合が合わず、面接の日程調整をお願いしなければならないケースは多々あります。応募先の人事担当者は忙しい中、自分のために時間を割いてくれたんだということを忘れないでください。

それでは、転職活動で、在職中を理由に日程調整をする際の注意点を見ていきましょう。

面接日程調整の注意点①:ビジネスマナーをしっかり守る

面接の日程を変更しなければ行けなくなった場合、 細心の注意が必要です。メールだけでなく、直接電話等で連絡をとり、 事情をしっかりと説明をする誠意が必要です。

転職をするということは、すでに社会人としての経験があるという認識を企業側は持っています。そのため、ビジネスマナーにも充分に気を付けるべきだと言えます。

面接日程調整の注意点②:都合が上手く合わない時は「謝罪」と「感謝」を

■「申し訳ない」という気持ちはしっかりと口調で伝える

■可能な限り代案の日程を受け入れる

■別日程が確定した場合、お礼をハッキリと言う

■面接には精魂込めて望む(不足は論外!)

面接日程調整の注意点③:変更等の連絡は19時までに

多くの企業は、平日の業務終了後でも19時開始程度までであれば対応してくれます。業種によってはそれ以降の時間や土日でも可能な場合もあります。まずはそれらの時間帯に面接が可能かどうか相談してみましょう。

ただし、あまり遅い時間を打診すると、常識がないと思われてしまいます。在職中で忙しくても、遅くて19時開始までが常識の範囲です。

エージェントを利用して転職活動をスムーズに進めよう

8bc2f5437049c779

転職するとなると、現職の仕事もありますので、面接日程の設定が難しくなりますよね。しかし、転職エージェントを利用すると、あなたの都合のいい日程で面接ができるようにエージェントが代わりに交渉してくれます!

特にオススメなのが「リクルートエージェント」です。業界実績No.1のエージェントが、あなたの転職活動を成功に導いてくれますよ。

在職中の転職活動で面接の日程調整・変更する際は選考で不利にならないようにしよう!

在職中の転職面接で日程調整をお願いする場合、きちんとした理由がある場合はそこまで不利になることはないようです。志望する企業には、日程調整・変更の旨をきちんと誠意をもって伝えれば承諾を得られるはず。しかし、ある程度のリスクがあると認識したうえで、どうすべきか判断したほうが良さそうですね。

都合が合わない場面は往々にして起こり得ますが、そこでの対応がカギ。もし、企業との日程が合わない場合は、大事な仕事じゃない限り、転職活動を優先して予定を空けましょう。そして、謝罪の気持ちを込めて丁寧な電話で対応するのが重要です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2018年10月19日転職