体育会系の人が部活で学んだ上下関係の大事さと出世しやすい理由

上下関係, 体育会系, 出世

体育会系の人間の特徴

Man 641691 1280

「体育会系の人間の特徴」、「体育会系の会社の特徴」、「体育会系の人が仕事で出世しやすい理由」をみていきましょう。初めに特徴からです。

よく、体育会系だとか文科系だとか言いますが、体育会系の人とは仕事をする上でどういった特徴があるのかみていきましょう。

残業を仕事熱心の証だと思い込んでいる

会社にいる体育会系の人間に 「残業しないと『仕事にやる気がない』と叱咤された」とケースがあります。特徴の一つとして仕事の残業で会社に最後まで残るのが美学があります。

声が大きく「がんばれ」が口癖

会社にいる体育会系の人間は声が大きく何事につけても超え高々に、「がんばれ!」や「負けるな」と激励してきます。それに対して返事が小さいと「それじゃ、がんばれない!」と余計大きな声で返してきます。

説教やダメ出しが多くて話が長い

会社にいる上司が体育会系の人間は説教やダメ出しが多く、話が長くなる傾向があります。本人は熱血のつもりで話しているつもりがただただ同じことを繰り返しているだけ。

上下関係を重んじる

会社にいる体育会系の人間の特徴の最後は「上下関係」です。学生時代に培われた上下関係をそのまま会社に持ち込みます。必要以上に上下関係を重んじるため、上司からの嫌な仕事を振られても首を横に触れない傾向があります。

体育会系の会社の特徴

就活サイトなどを見ていると体育会系の企業とか、体育会系の社風と言った言葉を目にします。どのようなものが体育会系と言われているのでしょうか。

行動が評価される

体育会系の会社の特徴として行動が評価される場合があります。そして苦労や達成感を共有することが好きです。会社で自ら率先して仕事に挑戦し、その行動を評価してくれる環境が体育会系の会社の特徴です。

声を出して士気を高揚する儀式がある

次の体育会系の会社の特徴として朝礼や定例会の最後に声を合わせて叫んで士気や意識の高揚する儀式があります。

「考えるな!動け!」が当たり前

最後の体育会系の会社の特徴として、あまり物事を深く考えないタイプや理屈は通らなくとも言われたことを猪突猛進にこなすタイプの社員が多いです。

体育会系の人が出世しやすい理由

体育会系の人が出世しやすいと聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。ここでは、それは何故なのか、また本当にそうなのか調べてみましょう。

Guy 768929 1280

上下関係の構築になれている

体育会系の人間は「上下関係を重んじる」と説明しました。会社ではその上下関係が出世の鍵を握っています。体育会系の人は上下関係の構築に慣れており、上の人に従順です

最近ではフラットな会社も増えてきましたが、会社の組織はあくまで上下関係が基本です。会社の上下関係は重要です。つまり、上下関係の構築になれている体育会系の人間は出世しやすいということになります。

メンタルが強く目的達成のための努力を惜しまない

体育会系の人間は目標に向かって、努力を続けてきました。そこで培われたメンタルは相当強いものです。そして、目的達成の努力の時間を惜しみません。そのため体育会系の人間は出世しやすいということになります。

体育会系は会社に必要なメンタルと上下関係の構築力がある

体育会系の人が会社で出世しやすい理由はおわかりになりましたでしょうか。ポイントは「上下関係」と「メンタルの強さ」です。上下関係を重んじて、目標達成のために仕事を続けるメンタルの強さがあったら、必ず会社で出世します。体育会系の人間はその2点が学生時代から培われてきたといえるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2019年8月6日転職