退職後に何をするか⁉失業期間中の過ごし方

2016年11月29日失業期間

失業期間中の過ごし方:資格・試験勉強に励む

次の転職に繋がるよう、資格をとりたいと思う人は多いようです。コツコツ勉強して試験を受けるものから、自治体によっては、雇用保険(失業給付)受給者が無料もしくは、低額で試験勉強や実習を受けることができる取り決めがあります。

求人で資格所得者が求められている仕事や、資格の取り方などをあらかじめ調べてから、勉強に取り掛かるのが勧められています。

Gf01a201502071400

失業期間中でも、スキルアップにつながります

自分で勉強する場合、テキスト代や受験料がかかるのは事実ですが、時間を持て余してだらだら過ごすよりも、試験日に向けて目的を持って勉強できます。

仕事をしていた時には、時間がなくて挑戦できなかった資格試験に挑戦することが出来るかもしれません。また仕事上スキルはあっても、試験に挑戦したことがない場合、資格試験で自分のスキルを形にできます。

資格があれば、転職の幅が広がったり、スキルアップにつながります。

失業期間中の過ごし方:次の仕事先を探す

雇用保険(失業給付)期間中の給付金や退職金があるとはいえ、大半の人は一日も早く転職先や次の勤務先を見つけたいのが本音です。

退職後にハローワークなどで仕事を探す人もいれば、退職後もすぐに再就職を考えている人は退職前から色々な方法で仕事を探そうとします。

申請ミスがあった場合、雇用保険(失業給付)給付金の返還があるので注意

雇用保険(失業給付)期間中であっても、限度額や規定を超えない限りはアルバイトなどでの収入が認められます。

とりあえず、今すぐ働きたい。仕事せずにじっとしているのは嫌だと言う人は、次の仕事先を探しながらアルバイトなども出来るかもしれません。

ただし、限度額や規定を超える収入や申請ミスがあった場合、雇用保険(失業給付)給付金の返還が、求められる場合もありますので、事前に確認が必要です。

失業期間中の過ごし方:趣味や旅行を楽しむ

雇用保険(失業給付)期間中に、今まで忙しくて出来なかった趣味に没頭したり自分の時間を楽しむ人もいます。

退職金や雇用保険(失業給付)があるからと言って、思いっきり没頭してしまうと後で大変なことになるので、限度を決めて今まで一生懸命働いた自分へのささやかなご褒美にすることができるかもしれません。

家族がいる場合、期間や金銭面であらかじめ話し合っておかないと家族がこれからについて不安を感じるでしょう。

節度を持って楽しむなら、次の生活や転職先を探すに当たって気持ちをリフレッシュして取り組めるかもしれません。

気持ちをリフレッシュして転職に取り組める

家族がいる場合、期間や金銭面であらかじめ話し合っておかないと家族がこれからについて不安を感じるでしょう。ですが、

節度を持って楽しむことで、次の生活や転職先を探すに当たって気持ちをリフレッシュして取り組めるかもしれません。

退職後に何をするかは自分次第!!失業期間中の過ごし方は次に繋がるように!!

いかがでしたか!?

今回は、退職後に何をするか⁉失業期間中の過ごし方について紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか!?

退職後すぐに希望通りの仕事を見つけるのはなかなか難しいです。次の仕事が見つかるまでの時間を有意義に過ごせるかは自分次第です。

資格に向けて勉強するにしても、仕事を探すにしても雇用保険(失業給付)期間を有意義に過ごせるなら、新生活にむけていいスタートを切れるかもしれません。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職

Posted by BiZPARK