エリートと呼ばれるに相応しい職業3選

エリート

頭脳明晰でリーダーを担う人をエリート呼ぶ

Skyscraper

いつの時代、どこの国でも「エリート」と称される一群がいます。エリートの特徴としては、その社会の中で頭脳明晰とされて、リーダー的な役割を担っている人たちでしょう。エリートと呼ばれたいと思う人も多いでしょうが、こういうエリートの集まる職業には、どういったものがあるのでしょうか?少し掘り下げてみましょう。

エリートのスタイルの幅は広い

民間企業にも、出世街道を歩むエリート男女は大勢います。しかし民間企業に勤めているということは、その会社の「エリート社員」です。出世が進んだ最高到達点は、社長ですから、一社員の枠を出ることはありません。エリートとはいっても、様々なスタイルがあるのがわかると思います。

官僚はエリートと呼ばれる職業の代表格

社会的にエリートと目される地位・立場に就きたいと考える人は、東大を出てキャリア官僚(国家公務員一種)を目指すケース多いようです。官僚は長い人は90歳くらいまで公職にあります。官僚は、エリートと呼ばれる職業の代表格と言えます。

海外官僚は日本ほど支配力が強くない

海外でもキャリア官僚がトップエリートとして君臨しているのかというと、少し事情が異なります。米国を例に挙げると、日本ほど官僚の支配力が強くありません。官僚はエリートが就く代表的な職業ですが、国によって大きな違いがあると言えます。法律や選挙の仕組みの違いがありますから、力の持ち方も当然違うのです。

エリートで高待遇と言えば医師

エリートで高待遇の職業というと「医師」ですが、「医師」になるためには医学部を卒業して国家試験に合格して、インターンをへて勤務医になったり個人で開業したりする人が多いですが、医師業界のエリートコースとは、「大学病院で教授になる」という研究職コースです。最近ではフリーランスの医師も増えていると言われています。

弁護士もエリートと言われる職業の一つ

法律関係の職業は下位資格から最上級資格まで、ほとんどが国家試験を受験するようになります。なかでも、弁護士は、エリート職業と呼ぶべきでしょう。数ある国家試験の中でも、最難関と言われるのが、この弁護士になるための司法試験です。努力の末に勝ち取る資格は、エリートの称号に相応しいものと言えます。

頭脳明晰でリーダーシップのあるエリートと呼ばれる職業は「官僚」「医師」「弁護士」

エリートと呼ばれるに相応しい職業について見てきました。エリートの幅は広いですが、共通する特徴と得るのが、頭脳が明晰で、リーダー的役割を担う人になります。そういった点を踏まえても、官僚や、弁護士、また、医師などは、エリートと呼ばれる職業だと言えるでしょう。エリートと呼ばれるには、並大抵の努力では追いつかないですが、挑戦してみるのも良いかもしれません。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年12月1日転職