水引の結び方を知ろう!梅結びの意味とは

礼儀作法

梅結びには「固く結ばれほどけない」という意味がある

Hato

梅結びは、硬く結ばれて簡単にはほどけないような水引の結び方と言えます。梅結びの結びは一見するとすごく複雑に見えます。ですから、簡単にはほどけないような結び方なのです。そのため、梅結びでむすばれた水引には、硬く結ばれてほどけないように、という意味が込めれらています。そういう意味があるので、梅結びの水引は、特に婚礼などで用いられることが多いです。

「梅」という言葉の祝いの意味もある

梅結びの水引は、固く結ばれほどけないという意味があるだけでなく、梅というだけあって、祝っている感じも伝わる結び方です。ですから、婚礼などの祝い事で用いられることが多いのです。同じく婚礼などで用いられるような結び切りの水引の結び方は、固く結んでいることは固く結んでいるのですが、切ってしまっているので、なんとなく縁起が悪いと感じる人も多少ながらいます。ですから梅結びを使うことも多いのです。

梅結びの水引には魔除けの意味もある

梅結びの水引の意味は、それだけではありません。梅結びという水引の結び方には、魔よけの意味も込められています。というのも、昔から梅とういのは魔よけの縁起物とされていたのです。ですから、そんな梅をモチーフにした水引の結び方である梅結びにも、自然と魔よけの意味が込められるようになったのです。魔よけの意味があるということはそれだけ使い勝手も増えるということです。

出産祝いや新築祝いなどにも適している

梅結びの水引にはそうした魔よけの意味があるのですから、出産祝いなどの場面でも適していますし、新築祝いなどにも適していると言えます。どちらの場面でも、魔よけをしておいた方がこれからの為によさそうな場面と言えます。だいたいのお祝い事で魔よけはしておいた方が良いので、梅結びの水引は、大体のお祝い事で使えると言えるでしょう。

梅結びには運命向上の意味もある

また、梅結びの水引には、運命向上という意味もあります。梅というのは、春に先駆けてさく花として知られています。ですから、自分たちの運気を良くしてくれて、運命を向上させてくれるような縁起物として扱われているのです。そんな梅がモチーフになっている水引の結び方だからこそ、梅結びには運命向上という意味もあるのです。

運命向上は大体の場合で印象が良い

梅結びの水引のもつ運命向上という意味は、だいたいのお祝い事に当てはまります。魔よけ同様にどのような場面のお祝い事であっても、それがマイナスに働くということはまずありません。ですから、ますます梅結びという水引の結び方は、あらゆるお祝い事に使えると言えるのです。梅結びはちょっと珍しい分インパクトもありますし、積極的に使っていくとよいでしょう。

梅結びの水引の意味は「ほどけない・魔除け・運命向上」

梅結びの結び方の水引の意味をご紹介しました。梅結びという水引きは、とにかく縁起が良い結び方と言えます。固く結ばれほどけない、魔除け、運命向上といった意味が込められており、お祝い事の際にはふさわしい結び方です。こういった意味を知って、正しく水引を選べるようになるとよいですね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス