手取り13万円の生活水準の厳しさ

生活水準

都心での手取り13万円では厳しい生活水準になる

San francisco 210230 1280

ここ最近ワーキングプアという言葉を頻繁に耳にしますが、年収200万円はおろか年収150万円以下の人が急増しているようです。一人暮らしで実際手取り13万円で生活水準している人がいるようですが、ちょっと無理があるかもしれません。たとえ良い生活水準ができていたとしても、急なイレギュラーな出費があると途端に生活水準が破錠してしまいます。

一人暮らしであれば最低でも手取り15万は欲しい

家賃にもよりますが、一人暮らしであれば最低でも手取り15万は欲しい所です。これでもかなり生活水準はギリギリになってしまうでしょう。手取り13万円では貯金は勿論ですが、一切贅沢が許されない生活水準が強いられるでしょう。

毎日節約の事を考えながら生活水準を考えなくてはならない

毎日節約の事を考えながら生活していかなければならないので、色んな意味で余裕が無くなってしまいます。昇給の見込みが無い状況であれば転職を考えた方が良さそうです。生活水準が破錠してしまう前に対処しましょう。

生活水準が下がることでで身の回りのことに余裕が持てない

お金があるという事で心に余裕が生まれます。しかし、お金が無いと身の回りの色んな事に対して余裕を持つことができません。低所得の人が急増しているという話は以前から耳にしていましたが、中には手取り13万円という給料で働かされている人もいるようです。田舎暮らしならまだしも、都会で手取り13万円という条件ではブラック企業の疑いがあります。

生活が厳しくても消費者金融でキャッシング等は避けよう

昇給するにしても、急に2〜3万給料が上がるという事は考えられません。そう考えるとこのまま手取り13万円で働き続けるという事は賢い選択とは思えません。いくらお金が足りなくても消費者金融には手を出すことはおすすめできません。今より、更に状況が悪化してしまうことは目に見えているからです。

昇給の交渉を行うか転職を考えよう

家賃にもよりますが、いくら節約したところで余裕のある生活水準を臨むことはできません。この手取り13万円という状況をこれからも強いられるのであればブラック企業の可能性が高いです。上司に正直に生活水準が苦しいという事を伝えて昇給の交渉をするという方法も考えたほうがいいでしょう。もしくは転職を考えるという事も当然視野に入れておきましょう。贅沢を言わなくても、少なくとも手取り13万円以上の待遇の会社は見つかるはずです。

手取り13万円では生活水準が低下してで節約のことを考えていなければいけないので転職を考えよう

手取り13万円での厳しい生活水準について紹介しました。状況にもよりますが手取り13万円で生活するという事はとても厳しいのは確かです。一人暮らしとなると手取り13万円では難しいでしょう。余裕を持って生活水準できるラインとしては手取り15万が目安です。現在手取りが13万円という状況であれば、副業を行って毎月2万円の収入を確保するという対処が必要です。急な出費が訪れる前に早めの対処を行いましょう。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月7日転職