市役所の最終面接に合格する方法

2017年11月1日公務員試験, 市役所

市役所の最終面接は難関であることを認識する

Photo 00985

市役所の職員に合格するためには、第一の難関である筆記試験に合格しなければなりません。ここをパスすれば、市役所職員合格への道筋がだいぶ見えてきます。ただし筆記試験でパスする人は実際の予定人員の1.5倍といわれています。ここから始まる面接などの最終試験に通るためには、市のあらましや抱えている問題などについて知っておくことが必要なようです。

市役所の最終面接合格は情報収集が肝である

市役所の最終面接に合格するには「市」についてなるだけ情報を集めていることが大切です。市について知っておけば、最終面接時に、「○○市についてどう思うか」、「あなたなら○○の問題についてどうするか」と言った問いに、真摯な態度で向き合うことができます。またその土地の市民であれば市政だよりをよく読んでおくことも面接のたすけになります。

市に関する知識はできる限り調べ全力を尽くす

市役所で働いたことのない人間が、市役所の問題点について深く知っていることはありませんし、面接官もそこまでの知識を求めてはいません。ただ市に関して素人なりにできる限りの情報収集をしておけば、市政に深い関心があるのだなと認めてもらえます。ですから面接の際、自分の知っている市に関する情報を全部披露しようとするとかえって空回りになります。あくまで聞かれたことに答えられるよう心がけましょう。

市役所に合格する人は即戦力を持っている

市役所では、仕事のできる即戦力となる可能性の高い人材を求めています。ならば、民間からの転職組が有利なのかと言えばそうでもありません。素直な気持ちで仕事について学んでいく姿勢も求められているのです。ですから最終面接では新人として謙虚に先輩から仕事を学び、市民のために働きたいという意識の高い人が合格する可能性が大なのです。そうした人は仕事の覚えも早く、即戦力となりうるからです。

市役所の最終面接合格のためにはマナーも大事

市役所の最終面接で気をつけたいのはマナーのある態度です。最後の面接ですから行動の一つ一つを丁寧に行いましょう。面接室に入っていく際の挨拶や、ハキハキとした受け答え、面接後のお礼など。社会人としてのマナーをきちんと踏襲しておけば、面接官の心証も良くなるはずです。また落ち着きも大切ですから気持ちを整えてから市役所の最終面接に臨み、合格を手にしましょう。

最終面接で見せたいのは市民に対する思い入れである

最終面接に合格するためは、面接官に自分の思いをきっちり伝える最後のチャンスです。ですから市民に対してどのような公僕になりたいのか伝えることも大切です。「どんな市役所職員になりたいのか」と問われたら、自分の描く理想の市役所職員のイメージを素直に伝えましょう。誠意をもって伝えれば、市民に対する思いもわかってもらえることでしょう。

市役所の最終面接に合格するためには市民への関心と思いやりが大事

市役所の最終面接の時間はほんの十数分です。その中でよい印象を与えるためには落ち着いて時間を上手に使うことが大切です。問われたことにはひとつひとつ落ち着いて答えていきましょう。時間がないからと焦るとかえって何を言っているかわからなくなります。最終面接では市役所で勤めたいか思いが伝わるように丁寧に答えましょう。それが市役所の採取面接合格の一番の方法です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年11月1日転職

Posted by BiZPARK