警察官の定年と退職後の生活について

定年退職, 警察官

警察官の定年も60歳と決まっている

Man 968102 640

警察官はとても生活に密着している職業です。基本的に定年は60歳とされています。警察官も公務員のため、その他の公務員と定年年齢は同じ60歳となっています。将来的にもう少し定年年齢を延ばすべきかどうかという議論がなされています。しかし、警察官の場合は他の仕事と比べてより心身への負担が大きいため、定年の問題は難しいです。

警察官の退職金は一般的な公務員と同額

基本的に警察官は待遇がすべて地方公務員と変わらない扱いとなっています。したがって、定年退職したときの退職手当の額についても、地方公務員の全職種の支給額と比較してあまり違いはありません。一般行政職も警察職も退職金の平均支給額は約2,400万円程度となっています。もちろん、地方によって微妙に額に差はありますが、それほど大きな違いはありません。

定年退職後した警察官が再就職するケースは多い

警察官が定年退職をしたあとに再就職をするケースは珍しくありません。たとえば、警備員やガードマンとして仕事をしている定年退職後の元警察官はたくさんいます。警察官としての経験があり、さらに柔道や合気道などの有段者であれば、警備員のような仕事はかなり需要があるのです。たとえ定年退職後であっても、警察官だったのであれば、肉体的にも問題がないと判断されやすいでしょう。

探偵業を始める元警察官もいる

警察官の中には定年後に探偵の仕事を始める方もいます。元刑事部長だったという方が探偵業を開業するケースもあります。もちろん、元警察官だからといって必ずしも探偵に向いているわけではありません。警察と探偵の違いをきちんと認識しなければいけないからです。探偵というのは非合法なことは絶対に行えないからです。元警察官であることに慢心せずに努力をする方は探偵として成功しています。

定年後にのんびり過ごす警察官もいる

警察官は60歳定年のため、現代の基準で考えると早い年齢で現役を退かなければいけません。そのため、中には再就職をする方もいるのですが、逆にのんびりとした時間を過ごす方もいます。警察官は基本的に激務の仕事のため、心身にかなりの負担を与えながら仕事をしています。定年後にゆっくりと生活をしたいと望んでいる方は多いのです。

定年後も趣味を持っていれば楽しめる

警察官に限った話ではありませんが、定年退職後の暮らしは趣味を持っているかどうかでかなり異なります。警察官をしている頃から何か打ち込める趣味を持っている方ならば、定年退職をした後でもその趣味にのめり込むことができるでしょう。逆に定年退職してから新しい趣味を探そうと思ってもなかなか上手くいきません。定年後の生活の準備として趣味を持つことは大事なのです。

警察官の定年は60歳で退職後は再就職や余暇を楽しむケースが多い

警察官が定年退職を迎えるのは60歳となっています。定年退職をした警察官の生き方はさまざまです。再就職として警備員や探偵になる方もいれば、趣味に打ち込んだり楽しい老後生活を送っている方もいます。現役で仕事をしている方は退職後の生活についてきちんと考えておくべきでしょう。平均寿命が長くなっているため、退職後の生活も大事です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職