確定申告書を税務署で再発行する方法

2017年1月16日確定申告, 税務署

確定申告書とは本来は失くしてはいけないもの

Gf01a201503200000

過去の確定申告書であっても、本来は無くしてはいけないものであり、控えを持っていることは凄く重要なことです。しかし何らかの理由で失われてしまうケースがあり、持っていたのに失くしてしまい、色々な場面で必要になってしまうこともあります。この時は再度制作するように思われますが、再発行という手段を利用することにより、すぐに手に入れることができます。

申請すれば再発行に応じてくれる

確定申告書は、再発行に応じてくれる書類の1つであり、過去のデータを希望している場合は、申告していることが分かれば出してくれます。利用するためには何らかの理由が必要となりますが、提出しなければならないという話をしておけば、問題なく発行されます。確定申告書の控えがどうしてもない場合は、必要な場所へ行って再発行して貰いましょう。

税務署へ行けば再発行が可能

提出した税務署は、確定申告書に関するデータを持っているので、提出していること分かれば再発行をしてくれる可能性はあります。自分が提出した確定申告書を持っている税務署へ行き、再発行のお願いをしておけば、手続きを行ってくれます。ただ無料で出来るというわけではなく、再発行のためには300円の負担をすることになります。

担当以外の税務署へ行くとデータが無いので注意しよう

税務署は日本全国にありますが、担当している場所以外には自分のデータが無いケースもあるため、確定申告書は提出した所にお願いします。再発行のためにはデータが必要で、その情報を持っている税務署へ行かないことには、再発行が出来ないのです。確定申告書を提出した所が遠いのであれば、1度相談をして郵送する等の手段を利用することが可能で、一応対応はしてもらえます。

再発行するまでに時間がかかる

確定申告書は再発行するまでに時間がかかってしまい、遅くても1ヶ月くらい待たされることになるので注意してください。これはデータの確認をしなければならないことと、再発行の手続きを税務署内で行うこととなるので、時間がかかるからです。そのため確定申告書をすぐに再発行して貰うことはできず、発行するまでは待たなければなりません。

余裕を持って相談をしよう

当然と言えることですが、余裕を持って相談しておかないと、確定申告書の再発行は難しくなってきます。すぐにでも欲しいと言われても、税務署は再発行にかかる時間が長いですし、勝手にコピーして持ち出せるような書類ではありません。そのため待つことが前提であると考えることも大切なことで、ある程度必要な時までに余裕を持って再発行を考えておくことになります。

確定申告書の再発行は余裕をもって担当区域の税務署へ行こう

確定申告書がもし紛失して、更に控えまでなくなってしまっているのであれば、税務署へ行けば再発行をしてもらうことができます。無料で行うことが出来ないことと、担当している税務署へ行かないとデータが無い可能性もあるので注意してください。また確定申告書の再発行には時間がかかり、すぐに発行して貰えるわけではありません。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK