自由テーマは評価が厳しい?円滑なプレゼンの重要ポイント

2016年11月29日プレゼンテーション, 評価

自由テーマのプレゼンは通常時よりも評価が厳しい

Student 849825 1280

テーマプレゼンを行う場合、基本的には特定のテーマを決めてそれに沿って進めるのが基本となりますが、時おり自身でテーマを自由に決めてよいというプレゼンが存在します。自由にテーマ決めを行えるプレゼンは、プレゼンそのものの完成度だけではなくテーマを選んだ理由や、着目するほどの価値のプレゼンだったのかなど、決められたテーマで作るよりも評価が厳しい場合があります。

自由テーマを選ぶ時はそれが客観的に見てどのようなメリットがあるかが重要

自由にテーマを決められる場合、最も注目されるのがテーマを選んだ理由です。基本的にテーマを決める場合、それを選んだ理由が最も重要視され、そのテーマの価値がそのまま反映される可能性のある非常に重要な部分です。理由を決める場合、興味があるなどの主観的な意見ではなく、客観的に見てどのようなメリットがあるかなどを考えることが大切です。

プレゼンにおいて重要なことはスライドと解説が十分にかみ合っていること

自由テーマのプレゼンを実際に製作する場合、ある程度クオリティの高いものが要求されます。なので、しっかりとした作りであることを前提とし、なおかつ良質なプレゼンに仕上げる必要があります。プレゼンにおいて重要なことは作成したスライドと自身の解説が十分にかみ合っていることです。作成したスライドと解説がかみ合わなければ、矛盾したプレゼントなり不信感を与えてしまいます。

プレゼンは事前に予行練習を行おう

自由テーマに限らず、プレゼンを作る際、完成度を主観で考えてはいけません。自分では完成度の高いものを作ったつもりでも、難しい用語や回りくどい表現が多すぎて伝わりづらくなってしまう場合もあります。なので、客観的にプレゼンを判断してくれる相手に実際に予行練習を行うことがよいでしょう。客観的な評価をもらうことができるうえ、ミスなどにも気づくことができます。

自由テーマのプレゼンは質疑応答が多くなるので的確に答えられるようにしておこう

ある程度時間をかけて作った自由テーマのプレゼンは、質疑応答などで対応しづらい場合があります。そこで、事前にプレゼンだけではなく予想される質問に対応できるように解答のテンプレートを用意しておくとよいでしょう。その際には、前に述べた予行練習でいくつか質問を出してもらっておくと良いでしょう。自由テーマの場合、質疑応答は多くなるので、最低限プレゼンの内容に関する質問に関しては的確に答えられるようにしておくことが前提となっているようです。

発展した質問は自身の考えを織り交ぜて答えを作ることで評価が上がる

質問に対する答えを作る場合、自分が解説した内容と十分に噛み合わせていないと矛盾が発生し、プレゼン内容そのものが揺らぎかねない状態になることがあります。なので、質問に対する答えを作る場合も十分な配慮が必要です。特に、テーマに関しては矛盾なく答えることができることが理想です。発展した質問は自身の考えを織り交ぜて答えを作ることで、プレゼンと噛み合わせることができるため優良と判断されやすいといえます。

自由テーマのプレゼンは事前に客観的に見て質問に対応できるようにしておこう

自由にテーマを決められるプレゼンは、選らんだ理由などが評価に直結しやすく、難しくなりがちです。作ったプレゼン内容は主観的に判断せず、第三者に見せるなど客観的に評価することが大切です。本番の際、質疑応答などに対応できるように予想される質問に対しての答えをあらかじめ用意しておくと、円滑に進めることができるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日ビジネス

Posted by BiZPARK