ボーナスが下がる理由と実際に下がった時の考え方

賞与

ボーナスが下がる理由とは何か!?

4c7303a6c39b1874

今回紹介していくのは、ボーナスが下がる理由と実際に下がった時の考え方についてですが、そもそも、まず、ボーナスが下がる理由とは一体どんな理由があるのでしょうか!?

まずは、そこのボーナスが下がる理由に関してみていきましょう。

ボーナスに関しては企業側が自由に決められるもの

一般的なボーナス支給の企業側の考え方ですが、ボーナスには明確な法律がなく、支給に義務を負っていません。

つまり、どういうことかというと、ボーナスに関しては企業側が自由に決められるものであるということです。

ですので、減額にしても支給自体をなくしても特に問題はないものになります。

ボーナスは会社がこれだけ儲かったから社員にも還元しますよという考え方が基本で、業績が悪かった場合には簡単に変動するものなので、ボーナスを当てにして生活を送ったり、買い物をしたりするのはできるだけ避けましょう。

ボーナスが下がる理由は、会社の業績が悪いから

上記で説明したように、ボーナスに関しては、会社が自由に取り決めができるものです。

また、このボーナスというのは、従業員のモチベーションを向上させて、会社にさらなる利益をもたrす為のものですので、当然会社自体の利益がないということになれば、ボーナスはないです。

ですので、ボーナスが下がる理由は、会社の業績が悪いからという事が言えます。

会社の業績が下がってきたら転職を考えるのもあり

ボーナス額が減った原因が会社の業績によるものであれば、少し危ないかもしれません。業績が悪化し続ければ倒産のリスクが出てきます。その兆候があるならば、リスクヘッジとして転職を視野に入れておきましょう。

しかし、いきなり転職なんてリスクが高いですよね。そこでオススメなのが、「doda合格診断」です。あなたの経歴やキャリアを入力するだけで、合格可能性のある企業を診断してくれて、自分の実力を知ることができます。利用は無料ですので、腕試しがてら気軽に診断してみてください!

ボーナスが下がったら節約意識を持つチャンスかも?

F35078e2c6b69039

ボーナスという大きな収入が下がるわけですから、毎月の生活を皆をして支出を少しでも抑えなくてはいけませんよね。それは逆に家計管理がだらしない人にとっては、節約意識を持つための良いャンスかもしれません。そのようにポジティブに考えることも大事なことです。

節約するメリットを考えてみよう

節約にこんなイメージを持っていませんか!?

例えば”ケチ”とか”付き合いが悪い”または”ひもじい生活”なんて思っているかもしれませんが、それはそれで、節約しながらでも出来ることや節約したから、すごく生活水準が低くなるということではないということを理解しておいてください。

あくまで、現在の生活を見直してそこに無駄がないかの確認をしていくという作業ですし、そこに本来そこまで重要性のないお金が使われていたら単純に損をしていませんか!?そういうことを失くしていくことが節約です。

節約のメリットは単純にお金を残せる

また、節約のメリットは単純にお金を残せるという点にメリットがあります。

なので、ボーナスに頼らなくても、もしかしたら上手く節約することで、プチ贅沢などができてより良い日々の生活が楽しめるかもしれません。

支出全体を見直して無駄が無いか確認しよう!!

C6fe56b059a06fcc

ボーナスが下がるのが一時的な措置であればいいのですが、今後も同じようなことが繰り返されるような場合、生活そのものを見直さなくてはいけません。

ボーナスが下がった時に無駄な支出を把握するのは大切

さあ、ボーナスの支給が少なくなって焦っている方は、今の収入にあった生活を送れていますか!?また、ボーナスの3割以上を使ってませんか!?焦っている方は恐らくどちらも当てはまるのではないでしょうか!?

そういったところに無駄な支出が絶対にあります。

支払いは大丈夫かを確認しておこう!!

Man 93951 640

最後にやっぱり気になるところ。支払いについて。ボーナスを当てして、クレジットカードで支払いを確定させていたりする場合が、あると思いますので、事前にボーナスが減るということが、わかったら支払いに関してもう一度確認しておいたほうがいいでしょう。

クレジットカードの支払いは特に重要

特に気をつけて確認しておきたいところが、クレジットカードでの支払い、その中でもボーナス払いは特に注意が必要です。

あまり無いとは思いますが、ボーナス払いは3ヶ月や6か月後など支払いする月がかなり先になっている場合が多いので、忘れているケースがあります。

まだ、服や家電などのような物を買ったりしたときは忘れないと思いますが、旅行代やレストラン代、観劇のチケット代、車検などこのようなものは特に注意してください。

支払いができないと分かった時には

支払いの確認をして金額を計算して時に支払金が足りないなんてことになった場合には、どうすれば良いのかということですが、まず、確定している支払いなのか、まだ確定していない支払いなのかを、確認するこことが大切です。

なぜならば、確定してしまった支払いは仕方ないですが、確定していないものに関してはまだ、キャンセルや支払方法の変更ができるかもしれないからです。

クレジットカードなどは、支払い変更ができるサービスがありますので、カード裏面のサポートセンターなどに電話して相談してみるとできたりします。電話が嫌だという場合はWebでの変更も行っていますのでHP検索してみてもいいと思います。

このときの対応は先延ばしに絶対しないほうがいいです、出来るだけ早い対応をしておきましょう。

ボーナスが下がる理由と実際に下がった時の考え方をおさえておこう

いかがでしたでしょうか!?

今回、ボーナスが下がると知った時に考えることに関して紹介しましたが参考になりましたでしょうか!?

結論としてボーナスを基本的に貯金にまわすようにしたほうが無難ですし、何があるかわかりません、特にこの現代のビジネスシーンでは不景気と言われてますので、収入は減らなくても増税などもあったり、急な法改正などもあり、負担が急に多くなったりもします。

ですので、ボーナスに関しても将来を見越した無理ない使い方や無理のない貯蓄を心がけましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2018年9月26日転職