配属希望を通りやすくする書き方のポイント3つ

配属

書き方のポイント①配属希望する志望動機を明確に書く

Keyboard 555975 640

配属希望を伝える際には、どうしてもその部署に配属して欲しい志望動機を明確にするのがポイント。

配属希望の志望動機が明確になっており、その内容によって熱意が伝われば、希望通りの部署に配属してもらえる可能性が高まります。

志望動機の書き方は、「自分は○○な性格である為、○○部で活躍できると信じております。」という風に、根拠を必ず絡めましょう。

配属先の志望動機は会社の利益に繋がる書き方がよい

志望動機の書き方は、勤務地や給与水準などだけの、自分都合であってはいけません。

配属先を希望するときは、「自分は明るい性格で、粘り強く社交的なので営業部への配属を希望します。」という風な書き方で、あくまでも会社の利益に繋がる内容の志望動機にするのがポイントです。

書き方のポイント②自分の能力と関連付けた内容の配属希望を書く

自分の熱意が伝われば、希望通りの部署に配属してもらえる可能性は高まりますが、実力が伴っておらず、将来性が無いと判断されれば希望は通りません。

学生時代のクラブ活動で学んだことや、アルバイトで行っていた業務の経験など、自分の能力と関連付けた内容の配属希望を書きましょう。根拠に基づいた書き方をするのがポイントです。

要件を簡潔に伝える書き方をする

学生時代の経験やアルバイトでの経験を根拠として、志望動機を書くのであれば、できるだけ簡潔な文章を心がけるのがポイント。

例えば、配属希望の例文として、

「私は、アルバイトで○○の経験があり、トップの売上を誇っておりました。培ったスキルを充分に発揮できる○○部への配属を希望します。」という書き方で、要点を簡潔に伝えるのがポイントです。

書き方のポイント③謙虚さを取り入れた書き方に心がける

配属希望は、あくまでも希望なので、必ずしも自分の希望通りの部署に配属されるとは限りません。配属希望の志望動機を書く際には、希望が通らず違う部署に配属されても、一生懸命に働く意思を伝えるのがポイントです。

配属希望を意地でも通したいという気持ちではなく、あくまでもサラリーマンとして会社の意向に従うことを書くことで、好印象を得られる可能性があります。

どんな配属先でも頑張れる意思を伝えるのがポイント

謙虚さを志望動機に取り入れる場合、

「私は、デザイン作成に非常に興味があり、独学ではありますが、マーケティング術と絡めてスキルを習得してきたので、○○部へ配属希望しますが、どの部署に配属されても自分を磨いて一生懸命働きます。」という風に書きましょう。

配属希望の書き方のポイントは明確・根拠・謙虚

配属希望が通りやすい志望動機の書き方を紹介しましたが、あくまでも希望であることを覚えておきましょう。

必ずしも希望が通るとは限らず、どれだけモチベーションが高くても、あらゆる要素が絡んで配属先が決定するので、自分にとって残念な結果になる可能性もあります。

希望の配属先をアピールするうえで大切なのは、一生懸命に働きますという意欲や熱意がポイントです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス