配属異動での菓子折りに関しての注意点

2016年11月29日異動, 菓子折り

菓子折りの予算は1000円程度が良い

Office 730681 1280

菓子折りと言っても、異動による配属先に持っていくのであれば、それほど高価な物は敬遠されます。

菓子折りを持っていくことが、逆に気を使わせてしまうことになるので、1000円程度で小分けにできる菓子折りを選びましょう。異動先の部署の人数が少ないのであれば、一人ずつ渡すことも可能ですが、余計に気を使わせてしまう恐れがあります。

異動先の部署の人数を見ながら様子を

異動先の部署の人数が多ければ、1000円程度では十分な数を確保できない場合があります。

その場合は、予算を増やすか、菓子折りそのものを持っていくことを諦めましょう。異動先の部署に菓子折りを持っていかなくても、それに対してマナー違反だと思われることはありません。

菓子折りは必ず必要という訳ではない

配属の挨拶の際に菓子折りは必ず必要とは限りません。

配属の挨拶の際に、軽く引き継ぎを行う場合もあり、仕事の一環として行われる場合もあります。菓子折りを渡す機会と言えば、お礼を伝えにいく時や、長期間の休職から復帰した時の挨拶程度です。異動は会社の規程に基づいて行われるので、それに対するお礼や謝罪気持ちは必要ありません。

かえって異動先の部署の人に気を使わせる場合も

菓子折りを配属した部署に持っていくと、かえって気を使わせてしまう恐れがあります。

菓子折りを持っていかなかった事によって、評価が下がるのを恐るのであれば、前の配属先の上司にアドバイスをもらいましょう。部署によっては、そういった時に菓子折りを持っていくのが常識になっている場合があります。

異動後の部署に菓子折りを持っていく際は周りにも配慮を

菓子折りを配属に持っていくのであれば、絶対に人数分持っていきましょう。

菓子折りが足らないという事態は、菓子折りを持参しない事よりも更に失礼なことになります。配属先の人数が多い状態で、菓子折りを持っていこうと考えるのであれば、それなりの予算が必要です。

Woman 850330 640

一緒に異動する人に合わせよう

異動の時期に、一緒の配属先に異動することになった人物が、菓子折りを持っていかないのであれば、自分も持って行ってはいけません。持って行くことによって、一緒に異動をする人物の評価が悪くなったり、逆に自分が媚びている様に見られてしまう恐れがあります。一緒に異動する人がいるのであれば連絡を取り合いましょう。

配属先の異動の際の菓子折りは慎重に考えよう

いかがでしたか?今回、配属異動での菓子折りに関しての注意点について紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか?

菓子折りは、無いよりはあった方が良いという訳ではなく、場合によっては持参しない方が賢明なこともあります。

会社の人事異動に従う形で新たな部署に配属されたのであれば、特に菓子折りを持っていく必要はありません。その部署の習慣を知っておいて、それに合わせて必要であれば菓子折りを持参しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日ビジネス

Posted by BiZPARK