出張のときの服装で押さえておくべき3つのポイント

2016年11月25日出張, 服装マナー

出張での服装のポイント①社会人らしい服装を選ぶ

Men 683655 640

出張先がどのような場所であっても、最低限の社会人らしい服装を心掛けましょう。スーツが無難ですが、オフィスカジュアルやクールビズでも服装としては問題ない場合がほとんどです。ただし、初めての相手との商談を目的に出張に行くのであれば、相手がオフィスカジュアルやクールビズに対してどのような価値観を持っているのかがわからないので、スーツで行きましょう。

オフィスカジュアルでも良い場合

スーツではなく、オフィスカジュアルでも良い場合と言えば、出張先が自社の支店や支社で、会社がオフィスカジュアルやクールビズを推奨や許可をしている場合です。会社がスーツ以外認めていないのであれば、服装はスーツ一択になります。

出張での服装のポイント②身だしなみを整える

どの様な服装をするにしても、服装と同じぐらいたいせつなのは必ず身だしなみは整える点です。スーツを着ていれば印象が良くなる訳ではありませんが、あなたの身だしなみを含めて服装ともいえます。会社の顔として出張に行くと意識して、社会人らしいスーツの着こなしをするのがスタートラインです。

派手な色のシャツやネクタイは避けよう

出張の服装がスーツであれば、シャツやネクタイの色に注意が必要です。基本的にシャツの色はホワイト一択で、着用しても淡いピンクやブルーに留めておきましょう。ネクタイは、シンプルかつ落ち着いた色が基本です。派手な色や柄物のネクタイを着用してしまうと、TPOができていないと思われる恐れがあります。出張先の雰囲気を考えて服装を選ぶのが大切です。

出張での服装のポイント③裾や襟といった細かい部分までチェック

出張に行く際の服装の選び方には注意が必要ですが、シャツの汗染みや汚れなどが無いかも確認しておきましょう。どれだけ社会人らしくスーツを着こなして爽やかに挨拶をしても、スーツやワイシャツが汚れていれば、それだけで第一印象が悪くなる恐れがあります。特に、スーツを脱いだ時に脇汗や首元に汗が滲み出ていれば、印象が悪くなるので注意が必要です。

靴の先までチェックしよう

靴は、服装よりも汚れやすいので、日ごろから手入れをしておかなければなりません。おしゃれは足元からという言葉があるように、どれだけ服装が整っていても、靴が汚れていれば台無しになります。出張に行く前日に靴をチェックしておいて、汚れているのであれば翌日から使えるように磨いておきましょう。

出張のときの服装で押さえておくべき3つのポイントまとめ

見た目は中身を表しているので、汚れが目立つシャツを出張先でも平気で着るような人物は相手から信頼されません。実際に、身だしなみを整えられていないということは、それだけ注意深く観察する能力を持っていないということになります。出張の際は、会社の顔だという意識をもって、普段の勤務よりも服装に気を遣うことが大切です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月25日ビジネス

Posted by BiZPARK