公認会計士試験の概要と知っておきたい難易度

2017年1月16日公認会計士試験

公認会計士試験は監査業務に必要な国家資格

Glasses 983947 1280

公認会計士の資格は、監査業務をおこなうために必要な国家資格のひとつです。公認会計士になろうとする方々に必要な知識やその応用能力を持っているかどうかを判定します。試験内容は短答式のマークシートの問題と、論文式による筆記試験です。合格するには、短答式試験で総点数の70%以上の正解が基準となり、1科目につき40%以上の正解率を満たさなければなりません。また、論文式試験では52%の得点比率が基準となっており、短答式試験と同様に1科目につき得点比率が40%を超えなければなりません。

公認会計士試験の難易度は高く合格率は10%

公認会計士試験の難易度は非常に高く、合格率は約10%といわれています。合格者の平均年齢は27歳となっており、学生のうちから予備校等で2~4年間勉強をしてから合格する方法が一般的です。一発合格の人は少ないでしょう。公認会計士の難易度は、医師や弁護士と並んでおり、三大国家試験といわれています。

また、金融庁は公認会計士の合格者を減らす方針にしたいと考えています。公認会計士は試験合格者に対して就職先がないという問題があるためです。試験の合格者を減らして、就職先を確保できる状況にしたいという狙いがあるのです。こういった面でも公認会計士に合格するのはとても難しく、難易度が高いということがわかるでしょう。今後公認会計士の試験合格を目指そうと考えているなら、かなりの努力が必要でしょう。

公認会計士試験は監査業務に必要な国家資格であり難易度が高い

公認会計士試験は、三大国家試験と呼ばれる難易度の高い試験です。試験自体の難易度も高いですが、合格者を減らそうという方針もありますので、より合格へのハードルが高くなることが予想されます。一般的には予備校等で学習することになりますが、それでも合格率は10%という低さですので、しっかり対策をして試験に臨む必要があるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK