白物家電業界の将来性と今後の展望

白物家電業界

白物家電業界の現状

A36fa1bcd14a9650

近年の白物家電業界の推移は少しですが、上昇傾向にあるものの売上高が伸び悩み苦しい状況にあるようです。その背景としては、少子高齢化によって人口の減少が進み需要がへっていることや、海外の製品との価格競争が見受けられます。生き残りをかけて、一部の部門を売却するなどして、対策を行っている家電メーカーも出てきているのが現状です。

白物家電業界の将来性と今後の展望

ここ数年、日本の電機メーカーは白物家電事業の取り組みに力入れ、さまざまな製品の提供を行っています。近年よく耳にするエコを意識した、冷蔵庫や洗濯機、エアコンをはじめこれらにナビゲーション機能を搭載したり、スマートフォンとの連携するスマート家電に注力してきました。また、全ての機器やものを繋げることができるIoTを取り入れた白物家電製品が今後注目されてくるのではないでしょうか。

白物家電業界の現状は海外製品や価格競争で厳しいため対策が必要

以上、白物家電業界の将来性と今後の展望についてでした。少子高齢化による人口の減少や、海外製品との価格競争で苦しい状態にある白物家電業界です。しかし、IoTを取り入れることで、インターネット家電として新たな軌道に乗れる見込みもあるようです。今後IoTを活用した白物家電製品が注目されることでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年7月4日ビジネス